製品 > 更新情報 > R7の更新履歴 > R7.12.14 > 改善・不具合修正

No 分類 内容 変更箇所
ENH1094101 改善 JasperReport のテンプレートファイルをjrxmlだけでなく(コンパイルされた)jasperファイルも指定できるようにする。コンパイル済みファイルをテンプレートとすることで実行時のパフォーマンスが向上する。 [G] コントローラクラス
ENH1102801 改善 一覧更新画面に含まれた参照連動自モデル保存項目で、参照元を変更したとき参照連動項目も変更できるようにする。 [G] 一覧更新用ヘルパ、コントローラ
ENH1103701 改善 スクリプトでカスタマイズ用の Criteria を組み立てた時、コンテナや参照連動、繰返し項目のサブクエリを動作できるようにする。 [FW] SimpleRestrictions
ENH1103701 改善 登録更新画面に用意したオリジナルボタンでは、リアルタイム入力チェックを無効にする。 [G] JSP
REG1046204 デグレード ボタン表示条件の遷移先が別モデルの場合、本来出力されるべきではないコードが生成されることがある。R7.12.8で対応したFIX10462の影響。 [G] XXPButtonControlHelper
REG1087303 デグレード コントローラの"一覧>一括帳票"スクリプトが呼び出されない。R7.12.12で対応したFIX10873「コントローラの"詳細>帳票"、"一覧>一覧帳票"スクリプトが呼び出されない」の影響。 [FW] ScriptCodeRunner4Controller
REG1096501 デグレード Java11,12利用時、wagbyapp(Tomcat)のWindowsサービスへの登録に失敗する。R7.12.8で行なったLIB1054401「Java11対応」の漏れ。 service.bat.tomcat8
FIX0910105 不具合 HTMLのstyle属性出力時、前の要素のstyle値がマージされてしまう場合がある。 [G] JSP
FIX1092901 不具合 ScriptCodeRunnerJobとUploadUpdateJob以外のジョブでは、サーバサイドのスクリプトが実行されない。このため、例えばオリジナルのジョブを Java プログラムで作成し、そこで EntityService を利用したとき、EntityService から呼び出されるヘルパのスクリプトが呼び出されない。 [FW] JFCBaseJobBean
FIX1096901 不具合 多重参照連動の参照先が他モデル参照項目で参照モデルが複合キーの場合にコンパイルエラーとなる。 [G] ストアモデル
FIX1098301 不具合 REST APIによるファイルのダウンロードにて、存在しない主キーを指定した場合に400(BAD REQUEST)を返してしまう。正しくは404(NOT FOUND)を返すべきであった。 [FW] DbShowController
FIX1099301 不具合 検索画面を3段組み以上にしてダウンロードファイルのタイプを実行時指定にするとダウンロード画面のレイアウトが崩れる。 [G] downloadXX.jsp
FIX1099401 不具合 二人以上の利用者が同じデータに対してワークフローの承認処理を同時に行うと、フローイベントが二重に登録される場合がある。 [FW] WorkFlowManager
MyInsertJfcworkstateController
MyShowListJfcsuspendworkstateController
FIX1099701 不具合 主キーの値に円記号を含む場合、詳細画面から別の画面(更新画面など)へ遷移できない。 [FW] JFCUtils
FIX1099801 不具合 検索制御の入力フィールド長のみに設定を行なった場合に、設定が反映されない。 [FW] src_input_text.tag
FIX1105901 不具合 CSV/Excelアップロード更新機能で主キー列の存在チェックを無効としたとき、アップロード更新の新規登録時に主キーの入力チェックが行われない。 [FW] ProcessBeanGenerator_uploadUpdate_runnable
FIX1100001 不具合 複数の帳票が存在するモデルで「1データ1Excelシートを Excelファイルにまとめた形式」を一括出力したとき、どの帳票を選択しても、ファイル名が先頭の帳票のものになる。 [G] ShowListXXController
do_processAllメソッド
FIX1112101 不具合 ヘルパのget<項目ID>_show,_update,_allメソッドのメソッド名出力処理で、ソースコード全体で整合性がとれなくなる場合があった。 [G] ヘルパクラス
FIX1105701 不具合 あるユーザが同時に同じファイル名でアップロード更新を行うと、不正な動作となる可能性がある。アップロード時に一時保存するファイル名をテンポラリファイル名とすることで回避する必要があった。 [G] ファイル保存処理
FIX1106201 不具合 セッションタイムアウト後にCSVアップロード更新を実行しようとするとボタン操作が効かない。この場合はログイン画面へ遷移させる必要があった。 [FW] showUploadUpdateForm.jsp
FIX1113901 不具合 全文検索の検索条件入力欄の入力長が、一覧表示画面の表示サイズ数指定と連動している。(本来、連動する必要は、ない。) [G] showList<モデルID>_body.jsp
FIX1114101 不具合 モデル参照かつ式が設定されている項目で、参照先モデルの項目がさらにモデル参照の場合、型の判定に誤りがあった。 [G] ヘルパクラスcalcメソッド
FIX1114501 不具合 参照連動項目で数値(8バイト整数)の項目を参照し、かつ入力可能で必須入力とするとビルドエラーになる。 [G] ヘルパクラスclearメソッド
FIX1114901 不具合 サブデータベース利用時、実行した SQL が標準出力に常に出力されていた。 [FW] __subdatabase.xml.vm
FW : フレームワーク、G : 自動生成されるコード
No 分類 内容
FIX1094302 改善 R7.12.13までのリポジトリファイルを読み込むときに、"環境 > メッセージ > ヘルプ > 日付入力" のツールチップメッセージに "令和" を含めるようにする。(ただし開発者が手動でこのメッセージ文言を直接、編集していた場合はこれをそのまま使う。デフォルトのメッセージのままであれば、これを令和対応のメッセージに置換する。)
FIX1093101 不具合 カレンダビューの設定項目を変更後に再表示するとエラー表示される場合がある。
No 内容
ENH1094301 初期リポジトリファイルの "環境 > メッセージ > ヘルプ > 日付入力" のツールチップメッセージに "令和" を含めるようにする。
FIX1102201 数値フォーマットで「#,###,▲#,###」を選択すると入力値が不正な値となる。「#,###;▲#,###」が正しい形式であるため、選択肢を修正する。
No 内容
LIB1094501 Tomcat を 8.5.39 から 8.5.43 へバージョンアップする。脆弱性 CVE-2019-0232 への対応。 ただし Wagby は標準で CGI Servlet は無効にしているため、これを利用していなければ 8.5.39 以前の Tomcat でもこの脆弱性は生じない。(wagbyappとDesigner両方)
LIB1107601 Jascksonを2.9.8から2.9.9.1へバージョンアップする。脆弱性JVNDB-2019-005684,JVNDB-2019-005741への対応。なおWagbyでは本脆弱性に関わる指定は行なっていないため影響はないが、念のためバージョンアップを行う。(wagbyappのみ)
LIB0786235 令和元年7月31日更新分の郵便番号データ(アイビス版)を含める。