製品 > 更新情報 > R8の更新履歴 > R8.3.0 > 改善・不具合修正

R8.1.0 より、ビルドしたアプリケーションの管理者アカウント (admin) のパスワードならびに Wagby Designer の開発用アカウント (user) のパスワードは "wagby" へ変更されました。
No 分類 内容 変更箇所
ENH1098001 新機能 オートスケール環境に対応する。

[詳細] これまでWagbyはクラスタリングに対応していたが、この場合はあらかじめクラスタ環境に用意するサーバの台数を指定する必要があった。オートスケールは台数が動的に変化するため、この対応を行った。
[FW] CacheManager
ENH1098801 新機能 ボタンに「アイコン」を表示できるようにする。

[詳細] アイコンのクラス名はメニューボタンと同じくFontAwesomeアイコンのCSSクラス名(fas fa-save 等)を設定する。オリジナルボタンにも対応する。旧版からの移行時にボタンアイコンを有効にする方法はこちら。
[G] JSP
ENH1097101 新機能 詳細表示画面にグラフを出力できるようにする。

[詳細] 詳細画面に用意された値を使って、レーダーチャートや円グラフなどを表示できるようになる。
[G] showXX.jsp
ENH1101501 新機能 繰り返しコンテナを折りたたんで表示できるようにする。 [G] JSP
ENH1092701 新機能 バーコード読み取り機能を提供する。 [LIB] quagga(0.12.1)
jsQR(1.2.0)
ENH0301402 新機能 バーコード出力機能を提供する。

[設定] 関数 BARCODE を用意した。文字列型項目の計算式にBARCODE関数を記述すると、バーコード画像で表示されるようになる。Excel/PDF帳票にも対応している。
[LIB] Barcode4j 2.1.0-ja1
ZXing ("zebra crossing")
ENH1075601 新機能 一覧帳票 (Excel,PDF) の非同期処理対応。大量データの帳票をバックグラウンドで処理できるようになる。 [FW] 帳票出力部
ENH1092501 新機能 ログオン認証で、外部認証(HttpServletRequest#getRemoteUser)を利用できるようにする。これにより外部のシングルサインオンモジュールとの接続性が高まる。

[詳細] R7ではCASをベースにして、シングルサインオン連携として本設定を有効としていた。R8ではCASではなくSpringSecurityをベースにして、この機能を使えるようにする。
[FW] ログオン認証部
ENH1100401 新機能 パスワードのハッシュアルゴリズムに Bcrypt を指定できるようにする。 [FW] ログオン認証部
ENH1086801 新機能 ダウンロード処理で呼び出されるヘルパスクリプト「ダウンロード(開始時)」と「ダウンロード(終了時)」を追加する。

[詳細] このスクリプトを使って、ダウンロードしたデータに出力済みフラグをセットすることができる。
[FW] DbDownloadBaseProcessBean
ENH1101701 新機能 CSVダウンロード機能で、ヘッダ部分を付与しないというオプションを用意する。 [G] DownloadXXProcessBean
ENH1101801 新機能 CSVアップロード更新機能で、ヘッダ部分をカスタマイズするスクリプトを提供する。 [FW] DbUploadUpdateRunnableMonitorFileProcessorImpl_Csv
ENH1096201 新機能 「共通関数」「ファイル項目ダウンロード」「ファイル項目アップロード」スクリプトを定義できるようにする。

[詳細] ダウンロードするファイルの内容をチェックし、問題があればダウンロードをさせない、といった処理を記述できるようになる。例:ウィルスチェックサーバとの連携。
[FW] コントローラクラス
ENH1090301 新機能 アップロード更新ジョブの実行結果メール送信で、処理結果(全て、エラー)のファイルをメールに添付するためのジョブパラメータ isAttachmentProcessfilesInMail, isAttachmentErrorfilesInMail を用意する。 [FW] JFCBaseJobBean
UploadUpdateJob
ENH1100601 新機能 基本型の数値型配列をオブジェクトの配列に変換する関数ARRAY_OBJを用意する。 [FW] ExcelFunction
ENH1100701 新機能 暗黙条件の固定値に関数を指定できるようにする。 [G] ヘルパクラス
ENH1100801 新機能 更新権限が無効となり入力不可となった場合、その値を消去する設定を用意する。 [G] ヘルパクラス
ENH1096601 新機能 ワークフロー差し戻し後の再申請処理で、一度承認した人をスキップして承認待ちの方へ進める方法を提供する。 [FW] WorkFlowManager
ENH1096701 新機能 スクリプトでワークフローのイベント情報を消去できるようにする。この機能を応用することで、決裁後のワークフローを再申請させることができる。 [FW] WorkFlowManager
ENH1099101 新機能 ワークフローのイベント名から処理内容の文字列を返す関数 WF_EVENT を用意する。 [FW] JfcworkstateServiceImpl
ENH1099501 新機能 ワークフローの申請者のユーザIDを返す関数 WF_APPLICANT() と、そのメールアドレスを返す関数 WF_APPLICANT_MAIL を用意する。 [FW] JfcworkstateServiceImpl
ENH1099601 新機能 ワークフローの最終処理者を返す関数 WF_LASTPROCESS_USERID, WF_LASTPROCESS_USERNAME を用意する。 [FW] JfcworkstateServiceImpl
ENH1085501 改善 ワークフローの「申請」「承認」「差し戻し」「却下」「取り消し」ボタン名を変更できるようにする。 [G] JSP
ENH1085502 改善 ワークフローの「却下」「取り消し」ボタンを非表示にできるようにする。 [G] JSP
ENH1098601 改善 ワークフローのイベントスクリプトで例外 BusinessLogicException が発生したとき、ワークフローを進ませないようにする。 [FW] WorkFlowManager
ENH1100101 改善 ワークフローのスクリプトによって承認者・決裁者を動的に決定する方式で、全ユーザを申請可能とするためのスクリプトを提供する。 -
ENH1078301 改善 ワークフローの合議の必要承認数をフロー参加者設定の詳細画面でも確認できるようにする。これまではフローパターン更新画面でしか確認できなかった。 [FW] JfcparticipantSettingUtil
jfcflow_setting,jfcparticipant_settingモデル定義
ENH1101301 改善 ワークフローのフローイベント検索画面で、処理内容として表示される文字列を従来の内部コード "Start", "Application" などから "申請", "承認" という表記へ変更する。ENH1099101で用意したWF_EVENTを適用する。あわせて検索画面と一覧表示画面を同時に表示するようにする。 [FW] フローイベント定義
ENH1078201 改善 これまでは合議のワークフローを設定したモデルの一覧表示画面で、フロー状態の表示が最後に誰が承認したかに関わらず常に合議の一番最初のノード名が表示されていた。これを改善し、承認者に対応した表示が行えるようにする。 [FW] WorkFlowManager
ENH1102001 改善 ワークフローの申請や承認といった処理で、Wagbyが提供するロック機構を使うようにする。この対応で二人以上の利用者が同じデータに対してワークフローの承認処理を同時に行った場合に正しく制御されるようになる。(これまではタイミング的に、フローイベントが二重に登録される可能性があった。) [FW] WorkFlowManager
ENH1094101 改善 JasperReport のテンプレートファイルをjrxmlだけでなく(コンパイルされた)jasperファイルも指定できるようにする。コンパイル済みファイルをテンプレートとすることで実行時のパフォーマンスが向上する。 [G] コントローラクラス
ENH1095701 改善 帳票テンプレートから雛形のファイルを作成する際、テンプレートファイル名の末尾に.xlsと指定した場合はxls形式で出力し、それ以外の場合はxlsx形式で出力するようにする。

[詳細] これまでは .xls で固定されていた。
[G] 雛形のテンプレートファイル
ENH1095101 改善 日付のカレンダ入力欄の入力チェックの正規表現をカスタマイズできるようにする。 [FW] DateTextBox.js
ENH1106501 改善 別項目をグループとして扱い値をまとめてコピーする機能で、コピー元とコピー先が他モデル参照(検索)項目の場合でも動作するようにする。 [G] JavaScript
ENH1095201 改善 新規登録、更新のREST APIはこれまで、レスポンスに含まれるentity,entitypは処理後の値ではなく開発者がリクエスト時に送信していた値をそのまま返戻値としていた。これを保存後にデータベースから値を再取得し、その値をレスポンスに含めるオプションを用意した。 [FW] DbInsertController
DbUpdateController
ENH1097901 改善 モダンカレンダービューで検索条件を指定した場合の結果表示パフォーマンスの向上。

[詳細] これまでは「カレンダビューに同時に表示するモデル」を考慮した画面描画を行なっていたが、ここでボトルネックが生じていた。本改善により、次のような動作になる。モデルAとBがカレンダビューを利用し、モデルAの設定で「同時に表示するモデル名」にモデルBを指定した場合、モデルAに検索条件を指定するとAとBの両方が表示されるが、モデルBに検索条件を指定するとBのみが表示される。その後、モデルAで再検索することでAとBの両方が同じカレンダビューに表示される。なお「同時に表示するモデル」の設定がない場合は、単純に表示パフォーマンスが向上する。
[FW] common.js
ENH1093801 改善 Dojotoolkitのライブラリファイル(JavaScript)を非同期で読み込むようにする。これによってブラウザによる画面描画のパフォーマンス向上に寄与する。 [FW] tiles2-base_classic2.jsp,および関連するDojoファイル
ENH1097701 改善 データ件数のキャッシュ機能を削除する。

[詳細] ENH10980対応とセット。これまでデータ件数をメモリにキャッシュしていたが実際には利用頻度が少なかった。オートスケール対応の機会に、このキャッシュを行わないようにした。パフォーマンスに影響は生じない。
[FW] CacheManager
ENH1101401 改善 繰り返しコンテナ参照連動の表示条件による絞り込みで、絞り込みの式に記載されている項目が変更されたら再度の絞り込みを行うようにする。 [G] ヘルパクラスp2sメソッド
ENH1011001 改善 他項目の値による入力制御(入力可・不可制御)を繰り返しコンテナ内の項目でも動作させる。 [G] JavaScript
ENH1102901 改善 説明用ヘルプメッセージで改行を利用できるようにする。 [G] JSP,JavaScript
ENH1090401 改善 関数 CLIENTHOSTNAME, SERVERHOSTNAME を追加する。 [FW] JFCUtils
ENH1100901 改善 帳票およびメールテンプレートで利用できる共通プレースホルダに、モデルIDとモデル名を示すための ${modelid}, ${modelname} が利用できるようにする。 [G] ReplaceMapHelper
ENH1106001 改善 電話番号入力時、自動的にハイフン区切りを行う機能を、入力項目が繰り返し項目の場合でも動作させる。 [G] JavaScript
ENH1103501 改善 ログオン画面の背景画像のスタイル指定を行えるようにする。 [G] mycommon.css
ENH1107001 改善 ビルド時間の短縮。フルビルドが平均10パーセントほど高速化された。(R8.2.3比) モデルに関して生成されるソースコードを見直したことによる改善。[詳細...] [G] モデルクラス
ENH1107201 改善 Docker運用で、起動時にメモリサイズを変更できる環境変数WAGBY_MX,WAGBY_MSを用意する。またCATALINA_OPTSを拡張する方法も提供する。 [FW] setenv.sh
FIX1105901 不具合 CSV/Excelアップロード更新機能で主キー列の存在チェックを無効としたとき、アップロード更新の新規登録時に主キーの入力チェックが行われない。 [FW] ProcessBeanGenerator_uploadUpdate_runnable
FIX1105801 不具合 グループデータ管理の "使用する項目の種類" に値を指定した場合にグループ階層を考慮した検索結果とならない。 [FW] グループ階層化処理
FIX1104801 不具合 CSSテーマがclaro、tundraの場合にIE、Edgeでタブレイアウトの上端の線が表示されない。 [FW] tiles2-base_classic2.jsp
claro.css
common.css
menu_style.css
tundra.css
FIX1098301 不具合 REST APIによるファイルのダウンロードにて、存在しない主キーを指定した場合に400(BAD REQUEST)を返してしまう。正しくは404(NOT FOUND)を返すべきであった。 [FW] DbShowController
FIX1108701 不具合 リストボックス項目に入力フィールド長が設定されている場合にCSSのflatテーマを選択すると選択肢の内容が全て表示されない場合がある。 [FW] flat_blue.css
flat_orange.css
flat_purple.css
SPC1100301 仕様変更 過去のエクスポートデータをインポートしたとき、その時点で含まれていなかった選択肢モデルのデータを初期データから自動的にインポートするようにする。(これまでは手動で別途、インポートする必要があった。) [FW] InitLoader
SPC1005001 仕様変更 R8.1.0から試験的に導入していたCSSレイアウトの実装技術を CSS Grid から CSS Flexbox に変更する。 [G] JSP,JS
SPC1056901 仕様変更 /META-INF/context.xml のreloadable="true"の設定を削除する。これまではWEB-INF/classes内のファイルが変更されるとTomcatの再読込処理が発生していたが、これが行われなくなる。 [G] context.xml
SPC1108101 仕様変更 管理処理>統計情報のグラフ描画ライブラリをchart.jsに変更する。このタイミングで「テーマ(色の変更)」の設定をなくす。 [FW] analyticsLog.jsp
SPC1102101 その他 CSV/Excelアップロード更新機能のセッション管理方法の詳細を説明する。 [FW] AbstractDbUploadUpdateRunnableMonitor2
User
BaseController
FW : フレームワーク、G : 自動生成されるコード、LIB : 外部ライブラリ

上記に加え、R8.2.3向けパッチファイル(不具合修正)4月分-7月分までのすべての内容を含んでいます。

No 分類 内容
ENH1091601 新機能 設計書出力機能で ER 図の出力に対応する。(正式版)
ENH1092201 新機能 設計書出力機能で画面遷移図の出力に対応する。
ENH1096401 新機能 設計書出力機能でスクリプト一覧表を作成する。
ENH1108501 改善 設計書出力のモデル名一覧で、モデル種別を "store","master" という表記から、"システム","ユーザ" へ変更する。
ENH1096101 改善 "権限>データ権限" の "グループ管理者の権限" の選択肢を権限パターンの設定値によって変更する。これまでは許容できない選択肢も指定できていたため、ビルド後の動作確認で設定ミスを発見していた。今回の対応により、問題のある設定を未然に防ぐことができる。
ENH1098701 改善 リポジトリ情報保存時、変更がなければ .layout, .principal, .permission, .initialdata フォルダの保存処理をスキップさせる。これによってDesignerの操作パフォーマンスが向上する。
ENH1083901 改善 "環境 > データベース" の選択肢の記載内容を修正する。"Oracle 12c" を "Oracle 12c and later" とする。また "SQLServer 2012/2014/2016" を "SQLServer 2012 and later" とする。いずれも最新のデータベースで利用できることを把握しやすいようにするため。
ENH1103401 改善 メイン画面の上部にある「モデル」「メニュー」などのボタンにマウスをのせると表示されるポップアップメッセージの出力位置を横から下に変更する。
ENH1106401 改善 出力制御>スタイルのラベルの幅等の設定欄に入力チェック処理を加える。 (R8.3.0向けパッチでキャンセル)
FIX1097601 不具合 繰り返しコンテナ項目を詳細表示画面で隠し項目に設定すると繰り返しコンテナが複数表示される。
FIX1103801 不具合 メニュー設定画面で、タブ削除時の確認ダイアログに「キャンセル」を選択してもタブが削除されてしまう。
FIX1104301 不具合 カレンダビューの設定で項目を変更してもリポジトリに反映されない場合がある。
FIX1104901 不具合 "その他>モデル情報" を修正し、別モデルを選択して同じ画面を開くと、先に入力した値が残ったままになっている。
FIX1105401 不具合 画面を作成しないとしたとき、その画面に紐づくヘルパのスクリプトが生成されない。例えば新規登録画面を作成しない場合、ヘルパの登録時のスクリプトが生成されない。これを修正し、画面は作成しないがスクリプトを生成したいという要件を満たすようにする。
FIX1106601 不具合 設計書出力で、ビルド対象にしないモデルを指定していると実行時エラーとなる。
SPC1104601 仕様変更 自動生成されるコード RestrictedList<モデルID>ProcessBean の生成を抑制する処理を加える。使っていないクラスは生成しない。
No 内容
FIX1095901 初期リポジトリに含まれるシステムモデルの、ポートレットモデル(jfcportlet)の一覧表示項目の「値の幅」に「ラベルの幅」と同じ値を設定する。一覧表示のヘッダとボディ部の列幅を揃えるため。
FIX1101301 初期リポジトリに含まれるシステムモデルの、フローイベントモデル(jfcworkstate)に、フロー処理内容を表示する項目 eventDisplay を追加する。これはR8.3.0で用意された関数 WF_EVENT を適用する。従来あった項目 event を隠し項目とし、WF_EVENT 関数の値を詳細表示、一覧表示項目に含める。
FIX1099201 初期リポジトリに含まれるシステムモデルの、ジョブスケジュールモデル(jfcjobschedule)に、実行種別(exectype)と更新日時(updatedt)項目を追加する。R8.3.0のオートスケール対応のため。
FIX1099202 初期リポジトリに含まれるシステムモデルの、ジョブスケジュールモデル(jfcjobschedule)に、実行種別(exectype)のための選択肢モデル「実行対象マスタ(jfcjobscheduleexectype_m)」を用意する。この選択肢モデルはメモリ上で管理されるためデータベースのテーブルは作成しない。
ENH1078301 初期リポジトリに含まれるシステムモデルの、フロー参加者設定(jfcparticipant_setting)モデルのフロー参加者コンテナに合議承認数(participants/approval_num)項目を追加する。
ENH1094301 初期リポジトリファイルの "環境 > メッセージ > ヘルプ > 日付入力" のツールチップメッセージに "令和" を含めるようにする。

R8.2.3と比較したシステム系テーブルの変更情報はこちらをお読みください。

バージョン管理ソフトを使って旧リポジトリを管理する運用においては、R8.3.0で変更された jfcportlet, jfcworkstate, jfcjobschedule,jfcparticipant_setting を R8.3.0 に含まれるファイルに置き換えてください。
No 内容
LIB1107901 Tomcat を 8.5.39 から 8.5.43 へバージョンアップする。脆弱性 CVE-2019-0232 への対応。 ただし Wagby は標準で CGI Servlet は無効にしているため、これを利用していなければ 8.5.39 以前の Tomcat でもこの脆弱性は生じない。
LIB1092401 Apache POI を 3.17 から 4.0.1 へバージョンアップする。この影響でフレームワークのExcel帳票部も修正している。また自動生成コードも POI 4 向けのコード変更が発生している。
LIB0861401 全文検索処理で Word/Excel/PDF からテキストデータを抽出するライブラリ Apache Tika を 0.1 から 1.20 へバージョンアップする。POI 4.0.1 とセットとなる。
LIB1093201 R8.2.3で対応したActiveMQ対応のためactivemq-all.jarを含めていたが、これを複数のライブラリに分割しておく。内容は同じ。 activemq-broker.jar,activemq-client.jar,activemq-openwire-legacy.jar,geronimo-j2ee-management_1.1_spec.jar,geronimo-jms_1.1_spec.jar,hawtbuf.jarとなる。
LIB1096801 ActiveMQのライブラリ activemq-client.jar,activemq-broker.jar,activemq-openwire-legacy.jar を 5.14.8 から 5.15.9 にバージョンアップする。脆弱性 JVNDB-2019-002967 への対応。
LIB1093901 ビルドしたwagbyappアプリケーションおよびDesignerで利用していた JavaScript のためのエディタ AceEditor を 1.3.1 から 1.4.3 へバージョンアップする。
LIB1107401 Spring Security を4.2.11から4.2.13へバージョンアップする。脆弱性JVNDB-2019-005732への対応。なおWagbyでは本脆弱性に関わる指定は行なっていないため影響はないが、念のためバージョンアップを行う。(wagbyappおよびDesignerの両方)
LIB1107601 Jascksonを2.9.8から2.9.9.1へバージョンアップする。脆弱性JVNDB-2019-005684,JVNDB-2019-005741への対応。なおWagbyでは本脆弱性に関わる指定は行なっていないため影響はないが、念のためバージョンアップを行う。(wagbyappおよびDesignerの両方)
LIB1094401 Dojotoolkit を 1.14.2 から 1.15.0 へバージョンアップする。(wagbyappおよびDesignerの両方)
No 内容
SPC1088101 Wagbyが内部で管理しているキャッシュマネージャクラスが提供するメソッドのシグネチャの変更。この影響で、開発者のJavaカスタマイズコードまたはスクリプトでキャッシュマネージャを操作している場合、エラーになる可能性がある。修正方法をこちらに記載している。
SPC1094701 ログメッセージの修正。

[詳細] JFC00065("lastaccesstimet テーブルの操作中に問題が発生しました。" => "lastaccesstime テーブルの操作中に問題が発生しました。",JFC00205("ActionForward が null となっているため、globalforward へ遷移します。" => "画面遷移先の情報が null となっています。",JFC00212("アップロードデータの処理に失敗しました" => "アップロード更新処理に失敗しました",JFC00213("processEnd メソッドの処理に失敗しました" => "アップロード更新の後処理(processEndメソッド)に失敗しました")
LIB0786234 令和元年6月28日更新分の郵便番号データ(アイビス版)を含める。