2019.7.17に公開した R8.3.0 向けパッチファイルです。[2019.10.28 更新]
このページに記載の10月28日分までの内容を含んでいます。

WagbyPatch_R8.3.0_20191028.zip
ご注意ください : R8.3.0に8月または9月パッチを適用した環境は、いったんこれを破棄し、標準のR8.3.0に最新のパッチを適用してください。

適用方法

パッチファイルをダウンロード後、展開すると wagbydesigner フォルダが用意されます。R8.3.0 の wagbydesigner に「上書き(コピー)」を行なってください。

パッチが適用されたかどうかの確認方法

wagbydesigner/webapps/wagbydesigner/WEB-INF/lib/j_jfcgen.jar ファイルが更新されます。

パッチ適用後はフルビルドを行なってください。
No 分類 内容 変更箇所 再テストの必要性
REG1110701 デグレード アップロード更新ジョブまたはダウンロードジョブのみを作成にしたときに、ビルドエラーが発生する。R8.3.0で対応したCSVファイルに関するさまざまな改良に伴う影響。 [G] XXCSVHelper なし
REG1111001 デグレード 複合キーが使われているモデルで帳票出力を設定するとビルドエラーが発生する。R8.3.0で対応した帳票出力に関するさまざまな改良に伴う影響。 [FW] ReportListServiceImpl 帳票出力
REG1112801 デグレード customize/resources に project_filter.xls を配置してフルビルドするとエラーになる。R8.3.0でApache POIのバージョンを3から4にあげるタイミングで含めるべきファイルが漏れていたため。 [FW] j_csv2xml.jar project_filter.xls利用時
REG1116401 デグレード 他モデル参照を使っているときに、参照先モデルが複合キーの場合、値を選択できない。R8.3.0で対応したENH11070差分ビルドの高速化の影響。 [FW] JFCPresentationModelitem*.vm 要・旧版での不具合箇所が修正されたことの確認
REG1106402 デグレード R8.3.0で "出力制御>スタイルのラベルの幅" 等の設定欄に入力チェック処理を加えたが、その影響で小数点の値を入力できなくなっていたため、このチェック処理を解除し、元に戻す。 (Designer) なし
FIX1099218 不具合 オートスケール設定でSQLServerを利用したとき、quartzJDBCJobstoreDDLのキー名が誤っていた。 [FW] database.properties なし
FIX1111201 不具合 MariaDBのJDBC接続URLのパラメータにuseMysqlMetadata=trueを追加する。MariaDB の JDBC Driver 2.3.0 を利用する場合に必要となる。 [FW] database.properties MariaDB利用環境
FIX1112301 不具合 R8.3.0の改善として繰り返しコンテナ項目の入力可・不可制御の対応を行なったが、制御元項目が数値型の場合にビルドエラーが生じる場合があった。 [G] ヘルパクラス なし (エラー解消のみ)
FIX1114501 不具合 参照連動項目で数値(8バイト整数)の項目を参照し、かつ入力可能で必須入力とするとビルドエラーになる。 [G] ヘルパクラスclearメソッド なし (エラー解消のみ)
FIX1116301 不具合 R8.3.0で追加したENH11018「CSVアップロード更新機能で、ヘッダ部分をカスタマイズするスクリプトを提供する」で、ビルド時にはスクリプトが生成されるがDesignerでスクリプトを修正しても即座に反映されない。 [FW] rest-servlet.xml なし
FW : フレームワーク、G : 自動生成されるコード、LIB : 外部ライブラリ
No 分類 内容 変更箇所 再テストの必要性
ENH1117901 改善 フルビルドを行った直後にcustomize/javaフォルダ内のカスタマイズコードを変更して差分ビルドを行うと、変更したファイルだけで差分コンパイルが行われるようにする。これまではこのパターンでの差分ビルドには未対応だった。 (Designer) なし
ENH1118201 改善 repository/trunk/customize フォルダ(およびその内部のフォルダ)が存在しない場合、これまではビルドエラーになっていた。これを修正し、フォルダが存在しない場合はビルド時にフォルダを作成し、ビルド処理を継続できるようにする。 (Designer) なし
REG1105701 デグレード 出力制御>スタイルのラベルの幅等に小数点を入力することができない。R8.3.0で行なったENH11064の影響。 (Designer) なし
REG1084903 デグレード ウィザードまたはモデルIDにアンダースコアが含まれていた場合、ヘルパ>詳細画面表示(更新)が呼び出されない。R8.2.2で対応したSPC10849「ヘルパの詳細画面(登録,更新)のスクリプトは、自モデルに限って呼び出される」仕様へ変更したときの対応漏れ。 [FW] EntityHelper 当該スクリプト設定時、呼び出されることを確認する。
REG1117301 デグレード 楽観ロックから悲観ロックに変更した場合に「バージョン管理用カラム名」がクリアされない。R8.3.0で対応したENH11064入力チェック強化の影響。 (Designer) なし
REG1105302 デグレード モデルの「画面」タブを開いた状態で別モデルを表示後に再度同じモデルを表示すると直前に表示していたモデルの設定値が表示される場合がある。R8.3.1で対応したENH1105301「"画面>新規登録>画面を作成する"を解除したとき、"画面>詳細表示>コピー登録ボタン"のボタン名を自動で消去する」の影響。 (Designer) なし
REG1049120 デグレード 繰り返しコンテナ内の参照連動自モデル保存項目がクリアボタン押下時に消去されないパターンがあった。R8.1.1で追加した機能「参照連動自モデル保存の登録更新画面で、参照連動元が自動計算で求められる場合に、計算値が変わったら常に参照連動項目を上書きするオプション設定」の影響。 [G] insert/update<モデルID>
<繰り返しコンテナ>.jsp
当該設定時、クリアボタン押下で消去が正しく行われることを確認する。
FIX1117001 不具合 一覧更新画面で「一覧表示部分のスクロールタイプ」に「列を固定」を設定すると右側のテーブルが段落ちして表示される場合がある。 [G] updateList<モデルID>.jsp 当該設定時、レイアウト崩れが生じていないことを確認する。
FIX1118901 不具合 モデル参照(検索画面)が入力可能な参照連動項目の場合、参照連動で値がセットされない場合がある。 [FW] __javascript_setResponseXMLContent
_search.html
当該設定時、参照連動の動作を確認する。
FIX1117701 不具合 他のモデルから項目をコピーする操作を行なったとき、コピー先のモデル一覧に表示されない場合がある。 (Designer) なし
FIX1117801 不具合 プリンシパルを削除または名前を変更して差分ビルドを行なった場合、旧プリンシパル情報が残ってしまう。そのため旧データインポート時にID重複エラーとなる。 (Designer) なし
FIX1119601 不具合 繰り返しコンテナの登録・更新時の初期表示数に式ではなく数字を指定すると動作しない。"new Integer(数字)" として回避することはできる。 [G] ヘルパクラス 当該設定時、動作するようになったことを確認する。
FIX1120001 不具合 一覧表示(行毎)に用意したボタンの表示制御が効かないパターン。 [G] <モデルID>LpButtonControlHelper 当該設定時、動作するようになったことを確認する。
FIX1120201 不具合 マルチセッションで運用時、セッションIDがURLに含まれるときにファイル型項目の内容がダウンロードできない。 9月27日パッチでこの修正を除く。 [FW] wagbyDownload.jsp ファイル型項目のダウンロード機能。
FIX1120401 不具合 マップビューの設定で、マップの表示位置を下にするとビルドエラーになる。 [G] JSP なし
FIX1116101 不具合 毎日、夜間にライセンス認証ジョブが起動するが、このジョブが失敗する場合があった。運用に影響はないが、ログにエラーが記録される。 [FW] LicenseUpdatorJob (j_jfc.jar) ログのエラー記録が解消されたことを確認する。
LIB1117501 ライブラリ Apache Commons Math 3.6.1 を含める。 [FW] commons-math3.jar なし
No 分類 内容 変更箇所 再テストの必要性
FIX1120202 不具合 9月20日向けパッチに含まれていた「マルチセッションで運用時、セッションIDがURLに含まれるときにファイル型項目の内容がダウンロードできない」の修正を除く。この影響で画像ファイルが表示されなくなったため。本対応はパッチ適用ではなく、R8.3.2で行う。 なし
FIX1121101 不具合 大文字で始まる項目にISEMPTYメソッドを適用すると常にfalseとなる。 [FW] ExcelFunction (j_util.jar) ISEMPTYメソッド利用部分
FW : フレームワーク、G : 自動生成されるコード
No 分類 内容 変更箇所 再テストの必要性
ENH1123601 改善 エクスポートジョブで zipオプションとunlinkfileオプションを併用させることができないため、zipオプション時はunlinkfileオプションを無視させる。 [FW] ExportTask エクスポートジョブ
FIX1122101 不具合 複雑な画面レイアウト設計時、自動生成処理(HTML帳票画面作成)がエラーになるパターン。 (Designer) なし
FIX1123201 不具合 親子モデルの子モデル一覧表示をタブ表示とし、かつ子モデルの表示条件を設定すると画面描画にエラーとなる。 [G] 子モデル表示JSP なし
FIX1123701 不具合 Javaのバージョン指定欄が空白(または記述ミス)の場合、スクリプトエンジンに旧版のRhinoが利用されていた。デフォルトをNashornにする。 [G] スクリプト(js)ファイル なし
FIX1123801 不具合 ヘルパs2pの処理で、繰り返し項目(文字列)の場合にNPEが発生する場合がある。 [FW] PresentationPHelperPart3_s2p なし
FIX1125301 不具合 外部キー項目として絞り込みを指定した他モデル参照を定義したモデルで、アップロード更新処理が失敗する。 [G] UploadUpdate<モデルID>ProcessBeanRunnable アップロード更新で問題が生じていたモデルでの動作確認
FIX1126301 不具合 全文検索と検索画面と一覧表示画面を同時に表示する設定を行なったモデルで一覧表示の詳細ボタンが効かないパターン。R8.2.1で対応したREG1071304の対応漏れ。 [G] showList<モデルID>Lp.jsp 全文検索と検索画面と一覧表示画面を同時に表示する設定を行なったモデルでボタンが効くことの動作確認
FW : フレームワーク、G : 自動生成されるコード