製品 > Wagbyを用いた見積手法

Wagbyを用いたSIビジネス向けの見積手法をご提供しています。自社流にアレンジしてご利用ください。

Wagbyを用いたSIビジネスに特化した見積方式を紹介します。
これは営業段階で簡単に見積もりが行え、算出根拠に納得感があり、超高速開発に適用できる見積方式となっています。

開発費 = 項目数 x アプリケーション複雑度係数 x 組織係数 x 項目単価
用語説明
項目数 開発(定義)したモデルに含まれる各項目の総和。
アプリケーション複雑度係数 アプリケーションのテーマによって設定する。
組織係数 利用部門(組織)が1つの場合を1.0とする。
項目単価 1項目を設定する場合の標準単価。

詳細は以下の資料をお読みください。

見積の例

「販売管理」サンプルアプリケーションの見積例を示します。

図 見積の例

具体的な出力方法は、「サポート > リポジトリ > Designerの機能・その他のツール > 見積作成」をお読みください。

本方式は「一つの考え方」です。これをカスタマイズして自社SIビジネスに適用するかどうかは、各社の判断に委ねます。(これまでどおり自社独自の見積手法を使って Wagby による開発ビジネスを行うこともできます。)

利用料金

本方式の利用による料金は一切、かかりません。どなたでもご自由にカスタマイズしてご利用いただけます。

免責条項

本方式を用いたことで生じる利益の損失、逸失利益、および第三者からのいかなる請求等につきましても、ジャスミンソフトは一切責任を負いません。

Wagby による SI ビジネスをご検討の場合は、是非とも Wagby 販売パートナーとしてご活躍ください。

詳細は株式会社ジャスミンソフトまでお問い合わせください。

  • 2016年8月15日 初版公開。