DB2 (Version 8.1) 利用時の注意点を示します。

  • テーブル名(Wagbyのモデル名)の最大長は 128 文字です。
  • カラム名(Wagbyのモデル項目名)の最大長は30文字です。
  • カラムへのユニーク制約を適用する場合、同カラムは必須項目である必要があります。
  • コードセットIBM-943を使用して作成されたデータベースへの接続に失敗します。
  • Windows Vista で採用されたサロゲート・ペア文字対応方法は IBM 社へお問い合わせください。
  • 主キーに「順序」を利用する場合、DB2 が提供する順序機能を利用します。これは標準で欠番が発生する仕様となっています。Wagby ではこれを抑制するために、create sequence 命令を発行するときに nocache 指定を付与しています。

Wagby で指定した型は、データベース内で次のように扱われます。

整数型 integer
文字列型 varchar(255)
文字列型 (テキストエリア) varchar(4000)
日付型 date
時間型 time
日付時間型 timestamp
ファイル型(ファイル名) varchar(255)
1バイト整数 smallint
2バイト整数 smallint
4バイト整数 integer
8バイト整数 bigint
4バイト浮動小数点数 float
8バイト浮動小数点数 double
固定値 (作成日/更新日) timestamp
その他 (URL型/メールアドレス型など) varchar(255)
  • モデル参照の場合は、参照先モデルの主キーの型に準じます。
  • 開発者の方で型を変更することもできます。詳細は「リポジトリ > モデル項目の定義 > データベースの詳細」をお読み下さい。
varchar 型で指定する数は「バイト」単位です。詳細は DB2 のマニュアルをご確認ください。
varchar 型で指定する数を増やす場合は、ページサイズを変更しなければならない場合があります。詳細は DB2 のマニュアルをご確認ください。

DB2 で「表スペース・ページ・サイズ」を変更しなければならなくなった場合、ページサイズ変更の前に、モデルの各項目の定義を見直すことで問題を解決できる可能性があります。

具体的には、Wagby が自動生成した DB2 用の DDL 文(create table 文)を参照します。例えば文字列型項目の場合、Wagby が自動生成する DDL 上では 255 文字を確保するようになっています。このサイズを微調整することで、ページ・サイズの変更を抑制できる可能性があります。

詳細は「リポジトリ > モデル項目の定義 > データベースの詳細」をお読み下さい。

なお、表スペース・ページ・サイズの変更作業そのものは Wagby から行うことはできません。DB2 のマニュアルに従って作業を行ってください。

Wagby内部に同梱されているシステムモデルに関する注意

Wagby 内部で定義済みのシステムモデルにテキストエリアを使用している項目がありますが、これが影響して DB2 利用時にはテーブル作成時にエラーが発生することがあります。この場合、テキストエリアの型に項目長を設定することで解決できる場合があります。例えば varchar(2000) などです。