サポート > 運用ガイド(R6) > Linux での自動起動の設定

Wagby で開発したデータベースシステムを Linux OS 上で自動起動させるように設定することができます。

OS 環境, Java のバージョン

ここで紹介するスクリプトは、RedHat 系の Linux で動作します。 他のディストリビューションを用いている場合は、適時、スクリプトを変更してご利用ください。

Java は、ご利用になる Wagby に同梱されている Java と同じバージョンを本番機にインストールしておいてください。 以降のドキュメントでは Java のバージョンを示す部分は適切に読み替えてください。

操作方法

次の手順により、自動起動(停止)処理を登録することができます。

  1. root (または以下の操作を行える権限をもったユーザー)で OS にログインします。
  2. 以下のファイルを「tomcat-wagby」として、/etc/init.d に保存します。
    
    #!/bin/bash
    
    #
    
    # SERVICE_NAME This shell script takes care of starting and
    
    #                 stopping jakarta tomcat.
    
    #
    
    # chkconfig: 2345 79 12
    
    # description: SERVICE_NAME is java Servlet process.
    
    # processname: SERVICE_NAME
    
    # config: SERVICE_HOME/conf/server.xml
    
    # pidfile:
    
    
    
    SERVICE_NAME=tomcat-wagby
    
    SERVICE_USER=wagby
    
    SERVICE_HOME=/home/tomcat/wagbyapp
    
    
    
    # Source function library.
    
    . /etc/init.d/functions
    
    
    
    # Source networking configuration.
    
    . /etc/sysconfig/network
    
    
    
    # Check that networking is up.
    
    [ ${NETWORKING} = "no" ] && exit 0
    
    
    
    javahome=/usr/java/jdk1.6.0_11
    
    
    
    RETVAL=0
    
    
    
    # See how we were called.
    
    case "$1" in
    
      start)
    
            su -l ${SERVICE_USER} -c "export JAVA_HOME=${javahome}; cd ${SERVICE_HOME}/bin ; sh ./startup.sh"
    
            RETVAL=$?
    
            [ $RETVAL = 0 ] && touch /var/lock/subsys/${SERVICE_NAME}
    
            ;;
    
      stop)
    
            su -l ${SERVICE_USER} -c "export JAVA_HOME=${javahome}; cd ${SERVICE_HOME}/bin ; sh ./shutdown.sh"
    
            RETVAL=$?
    
            [ $RETVAL = 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/${SERVICE_NAME}
    
            ;;
    
      restart|reload)
    
            su -l ${SERVICE_USER} -c "export JAVA_HOME=${javahome}; cd ${SERVICE_HOME}/bin ; sh ./shutdown.sh"
    
            RETVAL=$?
    
            [ $RETVAL = 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/${SERVICE_NAME}
    
            sleep 5
    
            su -l ${SERVICE_USER} -c "export JAVA_HOME=${javahome}; cd ${SERVICE_HOME}/bin ; sh ./startup.sh"
    
            RETVAL=$?
    
            [ $RETVAL = 0 ] && touch /var/lock/subsys/${SERVICE_NAME}
    
            ;;
    
      *)
    
            echo $"Usage: $0 {start|stop|restart}"
    
            exit 1
    
    esac
    
    
    
    exit $RETVAL
    
    
    上記ファイルにおける以下の 4 行を環境に合わせて編集してください。
    
    12: SERVICE_NAME=tomcat-wagby
    
    (※起動スクリプトファイル名)
    
    
    
    13: SERVICE_USER=wagby
    
    (※OSの起動ユーザ名)
    
    
    
    14: SERVICE_HOME=/home/tomcat/wagbyapp
    
    (※Tomcat を配置したディレクトリ)
    
     ...
    
    25: javahome=/usr/java/jdk1.6.0_11
    
    (※Java をインストールしたディレクトリ)
    
    
  3. 次のコマンドを実行します。
    
    # chkconfig --add tomcat-wagby
    
    
    "tomcat-wagby" の部分は、SERVICE_NAME に設定した値を指定します。