Wagbyによるアプリケーションの開発は、WagbyDesinger というリポジトリ(設計情報)デザインツールを使って行います。ここではWagbyDesignerの起動と停止方法を説明します。

WagbyDesignerの起動手順は次のとおりです。

  1. Wagbyをインストールするとデスクトップに起動アイコンが用意されます。これを(ダブルクリックして)実行します。
    図1 WagbyDesigner起動アイコン
    (バージョン番号は適切に読み替えてください)
  2. コンソールが起動し、さまざまなメッセージが表示されます。
    図2 startup.batの実行
    メッセージの最後に

    情報: Server startup in XXX ms

    という文字が出力されます(*1)。これでWagbyDesignerの起動は完了です(*2)。
  3. Webブラウザ(Google Chrome)を起動します。アドレスバーから次のように入力します。
    http://localhost:8920/wagbydesigner/wagbydesigner.html
    ホスト名にlocalhostを指定します。(*3) ポート番号は標準で8920を使います。
    別マシン上のWebブラウザから操作する場合は、上記URLのlocalhostという部分を、WagbyDesignerを起動したPCのIPアドレスまたはホスト名に置き換えてください。(*4)
    WagbyDesignerは、Google Chrome で動作します。それ以外のブラウザはサポート対象外です。
  4. 図3のログオン画面が表示されます。(このように表示されない場合、画面リロード処理を行ってください。)
    図3 WebブラウザからWagbyDesignerを開く
  5. インストール直後の初期アカウントはuserが提供されています。(パスワードも同一)
    図4 初期アカウントuserでログオンする
  6. ログオンに成功すると、図5のメニュー画面が表示されます。
    図5 ログオン後のWagbyDesigner初期画面
1. XXXの部分には、起動に要した時間 (ミリ秒)が入ります。
2. 起動時にウィルスチェックプログラムが警告を発する場合があります。この場合はWagbyDesignerプログラムを「許可」してアプリケーションを起動させてください。
3. localhostと指定しても接続できない場合、localhost の部分を 127.0.0.1 に変えて試してみてください。
4. 別マシンから操作する場合に、ファイアウォールがLAN経由でのアクセスをブロックすることがあります。ファイアウォールの設定を変更し、操作を許可するようにしてください。

WagbyDesignerの停止手順は次のとおりです。

  1. WagbyDesigner メニューの右端にある「ログオフ」を押下します。これによってログオン画面に戻ります。
    図6 ログオフボタン
  2. インストール後にデスクトップに用意されたWagbyDesigner停止アイコンを(ダブルクリックして)実行します。
    図7 WagbyDesignerを停止する

WagbyDesignerを停止すると、Webブラウザからの操作が行えなくなります。

「よくある質問と回答 > Unix系OSを利用の場合」をお読みください。

上記の手順どおりに動作しなかった、という場合は「よくある質問と回答 > チュートリアル」をお読み下さい。