サポート > チュートリアル(R8) > アドオンギャラリーを利用する > スケジュールアドオンの使い方

既存のプロジェクトに「スケジュールアドオン」を組み込んで利用する方法を説明します。

追加した「スケジュール」モデルをメニューを登録します。タブやアイコン、名称などは任意に設定してください。

図1 メニューへの登録

アカウントを用意する

事前にアプリケーションを利用するアカウントを準備しておきます。

図2 アカウントの準備

日報の作成

日報作成者は「業務内容」と「所感」をフリーテキストで記載します。また「自己評価」項目を A,B,C のいずれかから選択します。

図3 スケジュールの作成

コメントの記述

このスケジュール機能は、Wagbyの「カレンダビュー(モダン)」を使っています。詳細はマニュアルの説明をお読みください。

図4 カレンダビュー

プライベートスケジュール

スケジュールの種別に "プライベート" を指定することができます。登録した本人は、スケジュールを閲覧できます。

図5 プライベートスケジュール (1)

しかし、本人以外はこの内容を閲覧することができません。

図6 プライベートスケジュール (2)