Excel ファイルをドラッグ&ドロップすることで Web アプリケーションを作成する方法を紹介します。

Wagby にドラッグ&ドロップする Excel ファイルは次のルールを適用してください。

  • 先頭行には項目名が格納されていること。
  • 二行目からはデータが格納されていること。
図1 最初のサンプル

このファイルをダウンロードすることができます。[ダウンロードする]

先頭行から項目名を取得するようになっています。
二行目以降のデータを自動的に移行し、Wagbyのデータとして取り込めるようになっています。
Excelファイルは .xlsx または旧形式 (.xls) のいずれも利用できます。

「運用 > その他」のタブにある「インポート」を選択します。

図2 運用 > その他 > インポート

「ファイル選択」ボタンの上に、取り込みたい Excel ファイルをドラッグ&ドロップします。

図3 ドラッグ&ドロップでファイルを指定する

「インポートを実行」ボタンを押します。

図4 インポートを実行する

インポートが完了すると、モデル一覧表示画面に移ります。

図5 インポートされたモデル

インポートされたモデル(この例では「顧客」モデル)の内容を確認してみます。

図6 顧客モデルの定義

インポートは次のルールに従って行われます。

  • モデルIDは "model" + 連番 となっています。番号は 1 から開始されます。
  • モデル名はシート名が適用されます。
  • 複数のシートがあった場合、すべて取り込まれます。
  • モデル項目名は、シートの最初の行に含まれている列の値が適用されます。
  • モデル項目IDは、"item" + 連番 となっています。番号は 1 から開始されます。
  • 最初のモデル項目に "ID" が自動的に付与されます。これは主キーとなります。
  • "ID" 以外のすべての項目は「検索」と「一覧表示」が有効になります。

このモデルをビルドします。リポジトリのインポートを行った場合、必ず最初のビルドは「フルビルド」としてください。

図7 最初のビルドなので「フルビルド」を行う

ビルドが終わったら「アプリケーション起動」ボタンを押して Wagby アプリケーションを起動します。起動後、「ログオン画面を開く」ボタンを押すとブラウザの別タブが開き、ログオン画面が表示されます。

図8 ログオン画面

Wagbyが標準で用意するシステム管理者アカウント admin でログオンしてみます。(パスワードも同じスペルです。)

図9 システム管理者でログオンする

最初に、元のExcelファイルの「データ」を移行します。

システム管理者でログオン後、「管理処理」タブの「インポートとエクスポート」を実行します。

図10 インポートとエクスポート

インポートフォルダ名を選択します。ドラッグ&ドロップ処理を行った日付時刻を識別子としたフォルダが用意されています。

図11 日付時刻を識別子としたフォルダを選択する

読み込むデータの件数は、Excelのデータ行と同じ数になっています。対象モデルを選択し、「インポート」ボタンを押下します。

図12 対象データを選択し、インポートボタンを押下する

確認ダイアログが表示されます。"OK" を押します。

図13 インポートの確認ダイアログ

インポートが終了すると、成功した行数が表示されます。

図14 インポートの終了

メニューから「サービス」タブを選択します。取り込まれた顧客モデルの検索画面へ遷移するためのメニューボタンが用意されています。

図15 顧客検索画面へ遷移するメニュー

メニューから顧客モデルの検索一覧表示画面へ遷移しました。

図16 顧客の検索と一覧表示画面

任意のデータを選択すると、詳細表示画面に遷移します。

図17 顧客の詳細表示画面

登録、更新、削除といった基本的なデータ管理機能を備えています。

図18 更新画面の例

動作を確認したところで、アプリケーションを停止します。Designerのビルド画面に用意された「アプリケーション停止」ボタンを押下します。

図19 アプリケーションの停止

リポジトリの初期化

リポジトリ(設計情報)も初期化しておきます。「運用 > リポジトリ」タブを開き、「初期リポジトリ」を選択(マウスで一回クリック)します。選択状態にし、「リストア」ボタンを押下します。

図20 初期リポジトリを読み込む

確認ダイアログが表示されます。「OK」を押します。

図21 確認ダイアログ

Designerに用意されている「初期リポジトリ」は、ユーザモデルがない状態(インストール直後のリポジトリの状態)を復元するものです。

図22 初期リポジトリに戻った

ここまでの操作で、ExcelファイルをWagbyアプリケーションへ変換する基本的な手順を学ぶことができました。次章は、Excelファイルに事前にいくつかの設定を行うことでモデルIDや項目IDを自動設定する方法を説明します。