Excelファイルに事前にいくつかの設定を行うことでモデルIDや項目IDを自動設定する方法を説明します。

モデルIDの指定

ドラッグ &ドロップする Excel ファイルのシート名に次の書式を指定することができます。

「モデル名(日本語)」;「モデルID(英語)」

「モデルID(英語)」は省略することができます。省略時は Wagby が自動的に "model1", "model2",... と命名します。

区切り文字はセミコロン(「;」)です。半角文字を使ってください。

項目IDの指定

ドラッグ &ドロップする Excel ファイルの先頭行の項目名に次の書式を指定することができます。

「項目名(日本語)」;「項目ID(英語)」;「項目の役割 (C/L/CL/-)(K)」
区切り文字はセミコロン(「;」)です。半角文字を使ってください。

「項目ID(英語)」は省略することができます。省略時は Wagby が自動的に "Field1", "Field2",... と命名します。

「項目の役割」は省略することができます。省略時は "CL" として扱われます。 項目の役割指定は次のパターンを利用できます。

書式説明
C検索条件項目とする。
L一覧表示項目とする。
CL検索条件および一覧表示項目とする。省略時はこの設定が用いられる。
-検索条件および一覧表示項目にしない。
K主キーとする。上記 C/C/CL/- と組み合わせて利用できる。記述例 CK, CLK
図1 モデルID,項目IDを指定したサンプル

このファイルをダウンロードすることができます。[ダウンロードする]

パラメータを指定する

パラメータ欄に次の設定を行うことができます。

datafolder=XXX

これは取り込んだExcelの行(データ)を格納するインポートフォルダのサフィックスを指定します。インポートフォルダは "data_XXX" という名称になります。このパラメータを省略したとき、XXX部分にはこの「インポート」を行った日付時刻が設定されます。

今回はパラメータを指定し、インポートを行います。

図2 運用 > その他 > インポート

取り込んだモデルIDは、シート名に記載した "customer" が利用されています。

図3 モデルID

取り込んだ項目IDは、列名に記載した値が利用されています。

図4 項目ID

このモデルをビルドします。リポジトリのインポートを行った場合、必ず最初のビルドは「フルビルド」としてください。

図5 フルビルド

システム管理者でログオンし、インポート画面を開きます。インポートフォルダ名には、上で指定した "data_customer" フォルダを選択できるようになっています。

図6 インポートフォルダ名

対象データを指定してデータのインポート処理を行います。

図7 データのインポート

顧客の検索画面を開いて、インポートされたデータを確認します。

図8 顧客の検索画面

ここまでの操作で、Excelファイルに特別なルールを設定できることを学びました。次章は項目の「関連」ルールを説明します。