サポート > チュートリアル(R8) > 販売管理 > 得意先台帳モデル

顧客モデルのうち、購入者を「得意先」として区別します。用意する得意先台帳モデルは、顧客モデルの内容を含みつつ、独自の管理項目を付与したものです。

次のモデルを用意します。

モデル説明備考
手数料負担区分得意先台帳モデルで利用します。選択肢モデル
税転嫁
取引区分
得意先台帳顧客モデルの値を転記しつつ、独自の項目(手数料負担区分、税転嫁、取引区分など)を付与したモデルです。
図1 用意するモデル

手数料負担区分

得意先台帳モデルの「手数料負担区分」項目が参照するマスタです。選択肢モデルとして用意します。初期値も設定します。

図2 手数料負担区分モデルの初期値

税転嫁

得意先台帳モデルの「税転嫁」項目が参照するマスタです。初期値も設定します。

図3 税転嫁モデルの初期値

取引区分

得意先台帳モデルの「取引区分」項目が参照するマスタです。初期値も設定します。

図4 取引区分モデルの初期値

得意先台帳

得意先台帳モデルは、内部に顧客モデルの項目を含めつつ、さらに独自の管理項目(手数料負担区分、税転嫁、取引区分など)を付与したものとなっています。

図5 得意先台帳モデル

「担当者」項目は、顧客モデルと 1:1 の関係で紐づいています。顧客モデルの氏名項目を、検索画面方式で設定します。

図6 得意先台帳モデルと顧客モデルの関連を設定する

それ以外の項目を、すべて参照連動で自動設定させるようにします。

図7 参照連動の設定

これらの参照連動項目はデータベースに保存しないとしています。顧客モデルの内容を変更すると、即座に得意先台帳モデルにも反映されます。

図8 参照連動項目をデータベースに保存しないようにする
より正確には、得意先台帳モデルのテーブル定義には、顧客モデルの主キーを参照する値のみが保持されます。参照連動項目は常に参照先である顧客モデルの値を使います。

メニューへの登録

用意した得意先台帳モデルをメニューに登録します。

選択肢モデルは編集しないとして、メニューには追加していません。

図9 メニューの設定

得意先台帳の登録

ビルドしたアプリケーションの動作を確認します。メニューから「販売管理」タブを開きます。

図10 販売管理タブ

得意先台帳のアイコンを選択します。最初は検索画面が表示されます。「登録画面へ」ボタンを押下し、登録画面を開きます。

図11 得意先台帳検索画面

新規登録画面が開きます。連絡先と会社のパネル内に用意された項目は入力できないようになっています。これらは参照連動項目となっています。

図12 得意先台帳の入力

担当者項目の横に用意された「検索...」ボタンを押下します。既存の顧客データから選択することができます。

図13 顧客を選択する

担当者(実体は顧客モデル)を決定すると、その他の項目が自動的に設定されます。

図14 担当者に紐づく項目がすべて設定される

参照元のトレース

得意先台帳を登録すると、参照している顧客データへのリンクが用意されます。これは参照元のトレースを示します。

図15 参照元のトレース (1)

リンクをクリックすると、参照元のモデルへ遷移します。

図16 参照元のトレース (2)

サジェスト

顧客モデルは全文検索を有効にしていました。
この項目を「モデル参照(検索)」に指定すると、サジェスト機能が利用できるようになります。

図17 顧客モデルの氏名項目は全文検索の対象となっていた
図18 氏名を入力すると候補を選択できる

印刷形式で表示

Wagbyが提供するもっとも簡単なHTML帳票機能を有効にすると「印刷形式で表示」ボタンが用意されます。

図19 印刷形式で表示ボタン
図20 ブラウザのタブが追加され、印刷形式でデータが表示される