Wagbyが提供するメッセージ文字列をカスタマイズする方法を説明します。

次に示すリソースファイルを変更することができます。

ファイル名 内容 myファイル名
jfcapp_XX.properties.UTF8 国際化対応したメッセージが格納されています。詳細は「リポジトリ>国際化」をお読み下さい。 myjfcapp_XX.properties.UTF8
errormsg_XX.properties.UTF8 国際化対応したエラーメッセージが格納されています。 myerrormsg_XX.properties.UTF8
errormsgconv_XX.properties.UTF8 個々のデータベースエラーを変換したメッセージが格納されています。 myerrormsgconv_XX.properties.UTF8
savedir.properties.UTF8 ファイル型項目を使うモデルの、ファイルの保存先パスが格納されています。 mysavedir.properties.UTF8
MimeMailUtilities.properties.properties.UTF8 メール送受信に関する追加の設定情報を指定することができます。[利用例...] myMimeMailUtilities.properties.UTF8

変更方法は、各リソースファイルに対応した「myファイル」を用意します。ここに記載した内容が上書きされます。 また、元々は存在しないリソースであれば追記されます。

myjfcapp_ja.properties.UTF8ファイルを用意してみます。次の内容とします。

__jfc_common.Jfcsuspendworkstate.label.ProcessAll=一括処理TEST
TEST_c.id1jshparam=テスト文字列

1行目は、既存のキーを上書きするものです。
2行目は存在しないキーとしています。存在しないキーはマージ(統合)されます。

上記のファイル以外にも wagbydesigner/webapps/wagbydesigner/WEB-INF/env/work/resources/ に配置されている リソースファイルは全て変更可能です。それぞれの「myファイル名」は対象リソースファイルの先頭に「my」を付与したものとなります。

次の方法で変更します。

  1. customize/resources フォルダに変更したファイルを保存します。
    例: customize/resources/myjfcapp_ja.properties.UTF8 ファイルを配置する。
  2. ビルドします。

内部で行われること

上記の例では、ビルドのフォルダに含まれる wagbyapp/webapps/wagby/WEB-INF/classes/jfcapp_ja.properties ファイルが変更されています。その他のリソースファイルも同様に、関連するファイルが適切に変更されます。

注意点

  • Windows OS 付属のメモ帳をお使いいただくことはできません。(正確には、"BOM なしの形式" で保存する必要があります。)