削除処理は主キーを渡す必要があります。

主キーを URL に含めて呼び出します。

@RequestMapping(value="/rest/[modelid]/edit/{pkey}", method=DELETE)

URL例

http://localhost:8921/wagby/rest/customer/edit/1000

レスポンス

STATUS=200 OK
返戻の内容例を示します。

{
 "errors": {
   "jfcinfo": [
     {
       "name": null,
       "content": "顧客情報データの削除処理は正常に行われました。",
       "code":"success.normal.termination.delete"
     }
   ],
   "jfcwarn": [],
   "jfcdebug": [],
   "jfcerror": []
 },
 "status":"showListCustomer$2",
 "pkey": "1000"
}

主キーをパラメータとして付与します。

@RequestMapping(value="/rest/[modelid]/edit/{pkey}", method=DELETE)

URL例

http://localhost:8921/wagby/rest/customer/edit?customerid=1001

レスポンス

「削除(主キーURL指定)」と同様です。