オートスケール最終更新日: 2020年6月12日

クラスタリングとオートスケール

複数のWebサーバで負荷分散を行い、システムの可用性を高めるという目的を実現するため、Wagbyは二通りの方法を提供しています。

クラスタリング

ロードバランサを用いて、ユーザからの要求(リクエスト)を複数のWebサーバのいずれか一つに割り当てます。起動しておくWebサーバ数は固定であり、それぞれのWebサーバは双方で通信できるよう、通信相手のURLを事前に知っておく必要があります。

オートスケール

負荷状況に応じてスケールアウト(稼働しているWebサーバを増やす)とスケールイン(稼働しているWebサーバを減らす)を自動で行います。それぞれのWebサーバは通信相手のURLを事前に知る必要はありません。

Wagby は R8.3.0 よりオートスケールに対応しました。オートスケールはクラスタリングより運用の柔軟性に優れているため、クラスタリング方式よりオートスケール方式を推奨しています。

オートスケールが想定する利用方法

オートスケールは次のようなシステムに向いています。

  • Wagbyで開発した業務アプリケーションをパブリッククラウドで運用する。(SoR分野での利用)
  • WagbyでSoEのバックエンドを開発し、フロント層とREST API でつなげる。(SoRとSoEの連携)

オートスケールに対応したWagby内部の仕組み

PDFファイルをご提供しています。11ページ目以降をお読みください。