応用例 データベースのビューにグループ権限を適用する最終更新日: 2020年3月14日
R8 | R9

Wagbyが利用するカラムの追加

データベースのビューに次のカラムを用意してください。

  • useridjshparamカラム。
  • (ビュー名)$jgroupidjshparam テーブル。

useridjshparam カラムとは、用意するビューの SELECT 句へ「useridjshparam」を追加し、データ所有者アカウントを返すようにします。
(ビュー名)$jgroupidjshparam テーブルにはデータの所属グループのグループIDを格納してください。グループID は jgroup テーブルの主キー jgroupid を用います。

別のモデルで xxxx$jgroupidjshparam テーブルを利用するようにし、これを参考にするとよいでしょう。
(ビュー名)$jgroupidjshparam テーブルを、実際にはテーブルではなく、これもビューとして用意することもできます。

ワンポイント

グループ権限は WHERE 句に絞り込み条件を指定することで、閲覧/更新の制御をおこなっています。WHERE 句の絞り込み部分は Wagby 側で自動生成していますので、useridjshparamカラムと、xxxx$jgroupidjshparam を用意することで動作するようになります。