入力欄の表示位置の制御最終更新日: 2020年3月14日
R8 | R9

横位置の設定

画面例

図1は入力欄の横の位置を中央(センタリング)とした例です。

図1 入力欄の横の表示位置を中央と指定した例

定義方法

モデル項目詳細定義の「入力制御>スタイル>入力エリアの表示位置 横」を指定します。"左寄せ", "センタリング", "右寄せ" から選択できます。空白時は "左寄せ" になります。

図2 入力エリアの表示位置(横)

縦位置の設定

画面例

図3は入力欄の縦の位置を中央(センタリング)とした例です。

図3 入力欄の縦の表示位置を中央と指定した例

定義方法

ここでは視覚的にわかりやすくするため、入力欄の高さを100ピクセルとしています。

モデル項目詳細定義の「入力制御>スタイル>入力エリアの表示位置 縦」を指定します。"上寄せ", "センタリング", "下寄せ" から選択できます。空白時は "センタリング" になります。

図4 入力エリアの表示位置(縦)

カーソル位置の設定

画面例

図5は入力欄のカーソル位置を右寄せとした例です。

図5 入力欄のカーソル位置を右寄せとした例

定義方法

モデル項目詳細定義の「入力制御>スタイル>入力エリアのカーソル位置」を指定します。"左寄せ", "右寄せ" から選択できます。空白時は "左寄せ" になります。

図6 入力エリアのカーソル位置を右寄せと指定した例