一覧表示の並び順最終更新日: 2020年3月14日
R8 | R9

定義方法

モデル定義上の項目の並びを図1に示します。

図1 モデル定義

「レイアウト」タブ内の「一覧」を選択します。一覧表示の項目をドラッグ&ドロップ操作で並べ換えることができます。

図2 項目の並び替え(1)
図3 項目の並び替え(2)

スクリーンエディタの編集を保存する

左側の設定欄の上部にある「レイアウト設定保存」ボタンを押下し、編集内容を保存します。この操作により、リポジトリに反映されます。

図4 レイアウト設定を保存する

重要

ご注意ください。「レイアウト設定保存」ボタンを押下せずに他の画面に切り替えた場合、これまでの編集内容は反映されません。

実行例

例を図5に示します。上で設定した表示順に従った一覧表示画面となっていることがわかります。

図5 表示順を変更した一覧表示画面

表示順の設定に関する詳細

  • 指定した数字の昇順に画面表示されます。
  • 未指定が混在した場合、数字が優先されます。そのあとに未指定が表示されます。未指定の順序は定義の出現順となります。
  • 数字は飛び番号も指定できます。ゼロやマイナスも指定できます。
  • 数字の範囲は整数型に準拠します。小数点は指定できません。