削除最終更新日: 2020年11月9日

準備

事前に取得する値

awsコマンドでCodePipelineArtifactStoreBucketNameの値を取得しておきます。

aws ssm get-parameter --name "/wmsa/wmsaapp1test/CodePipelineArtifactStoreBucketName"

コマンドの出力例を示します。この Value 値を記録しておきます。削除されないリソースの説明でこの値を使います。[後述]

{
    "Parameter": {
        "Name": "/wmsa/wmsaapp1test/CodePipelineArtifactStoreBucketName",
        "Type": "String",
        "Value": "wmsaapp1testrepo-codecom-codepipelineartifactstor-111111111111",
        "Version": 1,
        "LastModifiedDate": "2020-07-14T01:17:06.968000+09:00",
        "ARN": "arn:aws:ssm:ap-northeast-1:111111111111:parameter/wmsa/wmsaapp1test/CodePipelineArtifactStoreBucketName",
        "DataType": "text"
    }
}

CodeCommit設定を解除する

CodeCommitにアクセスのためのアカウントとパスワードを削除します。

はじめにユーザ名を確認します。

aws iam list-service-specific-credentials --user-name wmsaapp1test-app-user

コマンドの出力例を示します。この UserName と ServiceSpecificCredentialId を記録しておきます。

{
    "ServiceSpecificCredentials": [
        {
            "UserName": "wmsaapp1test-app-user",
            "Status": "Active",
            "ServiceUserName": "wmsaapp1test-app-user-at-111111111111",
            "CreateDate": "2020-07-13T09:25:02+00:00",
            "ServiceSpecificCredentialId": "AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA",
            "ServiceName": "codecommit.amazonaws.com"
        }
    ]
}

上で取得した値をパラメータに指定し、削除を行います。

aws iam delete-service-specific-credential --user-name wmsaapp1test-app-user --service-specific-credential-id "AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA"

ECRリポジトリの削除

次のコマンドで ECR リポジトリを削除します。実行環境が削除されます。

aws ecr delete-repository --repository-name wmsaapp1test --force

CloudFormationスタックの削除

次のコマンドでCloudFormationスタックを削除します。

aws cloudformation delete-stack --stack-name WmsaApp1Test

重要

これらのコマンド実行によりDockerイメージやCodeCommit内に保存されたリポジトリ、EFS内のファイル、データベースが削除されます。実行前にバックアップを取得する必要がないかどうか、ご確認ください。

削除されないリソース

上記コマンドで削除されないものがあります。これらを説明します。

CloudFormationテンプレート

「準備」で取得しておいたCodePipelineArtifactStoreBucketが示すリソースを次のコマンドで削除します。

aws s3 rb s3://wmsaapp1testrepo-codecom-codepipelineartifactstor-111111111111 --force

CloudWatch Logsのロググループ CodeBuild

通常は削除されていますが、もし残っている場合は個別に削除してください。(手順は省略します。)

Auroraデータベースのスナップショット

通常は削除されていますが、もし残っている場合は個別に削除してください。(手順は省略します。)

ECSのタスク定義

通常は削除されていますが、もし残っている場合は個別に削除してください。(手順は省略します。)

AWS System Manager パラメータストア内のデータベースのパスワード

次のコマンドで削除することができます。

aws ssm delete-parameter --name "/wmsa/testenv/DBPassword"

Amazon SNSのサブスクリプション

保留中は削除できません。3日後に自動的に削除されるとあります。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/sns/latest/dg/sns-tutorial-delete-subscription-topic.html