ステータスコードの仕様をまとめます。

コード 内容
200 OK 処理に成功した場合。
401 Unauthorized ログオン認証を行わずに操作した場合。
404 Not Found 詳細データ取得の際に、データが存在しない場合。更新開始時や削除時に指定したデータが存在しない場合も含む。
409 Conflict 更新時、削除時のロック失敗。
400 Bad Request 上記以外のエラーで、Wagbyが内部でエラーメッセージ (p.errors) をセットした場合。
500 Internal Server Error 上記以外のエラーで、Wagbyが内部で例外を検出した場合。

R8.1.0までのステータスコード

成功時は 200 を、それ以外のエラーは 404 を返します。ただし未ログオンでの操作は 401 を返します。