(上級編)必須項目以外の設定方法最終更新日: 2021年2月5日

Excelファイルの書式

注意

このページは「必須項目以外の設定方法」です。
インポートの基本的な手順についてはインポートの基本操作で詳しく解説していますので、まずはそちらからご覧ください。

サンプルファイルを使って説明します。こちらからファイルをダウンロードしてください。 ダウンロード

(1) モデルIDの指定

ファイルのシート名に以下の書式で指定できます。

「モデル名(日本語)」;「モデルID(英語)」
モデルIDの指定

ワンポイント

「モデルID(英語)」を省略した場合、自動的に "model1"、"model2"、…と命名されます。

(2) 項目IDと役割の指定

先頭行の項目名に次の書式を指定することができます。

「項目名(日本語)」;「項目ID(英語)」;「項目の役割 (C/L/CL/-)(K)」
モデルIDの指定

「項目の役割」の書式

「項目の役割」の書式については下表の通りです。
書式説明
Cアプリケーションのデータ検索機能で、このモデル項目を検索条件にする
Lアプリケーションのデータ一覧表示機能で、このモデル項目を表示対象にする
CLこのモデル項目を検索条件および一覧表示項目にする(デフォルト)
-このモデル項目を検索条件および一覧表示項目にしない。
Kこのモデル項目を主キーとする。上記 C/C/CL/- と組み合わせて利用できる。(記述例:CK, CLK)

ワンポイント

「項目ID(英語)」を省略した場合、自動的に "Field1"、"Field2"、…と命名されます。
「項目の役割」を省略した場合、自動的に "CL" となります。

インポート時の設定

データの格納フォルダ名の設定

Excelファイルのインポート時、モデルに登録するデータを格納したフォルダが出来上がります。
このフォルダを後ほどアプリケーション上でインポートすることでモデルにデータが登録されますが、
その際に識別しやすいように任意の名前をつけることが可能です。

  1. インポート画面の「パラメータ」欄に、今回は以下のように入力して「インポートを実行」を押下します。
    datafolder=顧客情報

    この場合、インポートフォルダは "data_顧客情報" という名称になります。
    このパラメータを省略した時は、インポートを行った日付時刻が入ります。(例:data_202005251609)

    運用>その他>インポート
  2. インポートが完了したら、モデルを確認します。
    モデルID

    モデルIDには、シート名に記載した "customer" が利用されています。
    取り込んだ項目IDには、列名に記載した値がそれぞれ利用されています。

  3. フルビルドを実行します。
    ※リポジトリのインポートを行った場合、必ず最初のビルドは「フルビルド」としてください。
    フルビルド

データの取り込み

  1. Wagbyアプリケーションを起動し、以下のアカウントでログオンします。
    ユーザID:admin
    パスワード:wagby
    ログオン画面
  2. インポート画面を開き、 先ほどファイル名を定義した「data_顧客情報」を指定してデータのインポート処理を行います。
    データのインポート
  3. 顧客の検索画面を開いて、インポートされたデータを確認します。
    顧客の検索画面

次のテーマ

ここまでの操作で、Excelファイルに特別なルールを設定できることを学びました。次章は項目の「関連」ルールを説明します。