できないことを
「できる」に変える
ローコード開発ツール

News

R8.5.1

R8.5.1を出荷しました。パブリッククラウドで運用するためのオートスケール、OpenIDConnect、マイクロサービス対応をすべて含めた R8 系の完成版です。

詳細
Wagby分科会

8月27日「Wagbyのテストシナリオを作成してみよう」を開催します。ローコード開発コミュニティ会員企業であれば、どなたでも参加できます。

詳細ならびにお申し込み
ジャスミンソフト日記

日経コンピュータ2020年7月23日の特集記事「ローコード革命」が盛り上がっています。これを一過性のブームにするのではなく、着実に進める方にもっていきたいと思います。[2020.7.27]

詳細

使い方

Wagbyなら、3つのステップでアプリケーションが完成します。
1モデル設計

業務で使われる「データ」に着目し、その種類、型、関係性を整理していきます。

2ビルド

ボタンを押すだけでWebアプリケーションが完成します。

3完成

ブラウザからアプリケーションを利用します。

ローコード開発で基幹系システムを刷新しよう

Wagbyは自社システムの内製化を検討中の皆様に最適なプラットフォームです。
超! 高速開発
データモデルを中心に、画面、権限、業務ロジックなどのアプリケーション仕様をWebブラウザ上の設定画面で定義します。
運用も簡単
開発したアプリケーションをボタン一つでクラウドへ転送。クラウドだけでなく、自社サーバでの運用も可能です。
高い拡張性
Wagbyが自動生成したソースコードは自由に改変可能。そのままでも大半の要件を満たせますが、カスタマイズすることでより細かい要求にも対応することができます。
充実したマニュアル
Wagbyの全機能と使い方をオンラインマニュアルで詳しく解説しています。初心者向けのチュートリアルも充実。即戦力の開発者を短期間で育成できます。

システム内製化への道

実際のユーザ様のお悩みと、Wagbyの導入効果を紹介します。
Card image cap

Case1.総務部・Aさん

リモートワーク環境の整備を進める社内方針には大賛成。
でも総務の立場からすると、各書類のExcelファイルを印刷して押印、という業務フロー自体を見直さないと、そもそも難しいのでは?

Card image cap

Excelの申請書は自由に入力できる分、私たちの書類チェックが必須でした。
Wagbyなら入力仕様を詳細に設定できるので、事前に入力ミスを防げます。
これまでのように目視で書類チェックをする手間がなくなり、助かっています。

Card image cap

1つの申請書式を設計すれば、すぐにワークフローとして運用できるのは感心しました。
申請→承認→決裁という基本の流れはもちろん、条件付きでフローの流れを変えることもできるので柔軟なワークフローが組めました。
電子印影と組み合わせることで見た目もわかりやすく、周りの評価も上々です。

Card image cap

Case2.社内SE・Bさん

予算も時間も限られた中で、社内システムの全面刷新なんて…。
1から開発してたら到底、間に合わないよなぁ…。

Card image cap

料金体系も安心できる要素の一つでした。
ユーザー数課金ではなく、実行時のランタイムライセンスもかからないプランがあったこと。
毎年の保守費用も安いし、この価格でこの機能・品質なら申し分ありません。

Card image cap

本当にプログラムを書かず、設定だけでシステムが完成しました!
しかも入力チェックや計算処理といった基本にとどまらず、画面設計やメール連携機能などを使って「かゆいところに手が届く」システムを実現できました。
短期間&低予算で内製化を達成できたことで、思いがけず社長賞までいただきました!

Card image cap

Case3.SIerエンジニア・Cさん

これからの基幹システムはクラウド運用、スマホ利用が当たり前。
ところが調べてみると、こうしたシステム構築はまだまだ知見も少なく、見えない課題もあることがわかってきた。
最適な開発スタイルがどこかにあれば…。

Card image cap

オートスケールやマルチセッション、OpenID Connect連携やマイクロサービスなど、クラウド運用の際に考慮すべきことがほぼ網羅されていて、ちょっと驚きました。
ネックとなる課題やハマりどころは Wagbyの提供機能を活かすことで工数の削減に繋がりました。
まともに作ろうとすると、かなり難しい領域なので。

Card image cap

利用者ではなくSIerの視点でいうと、保守性や運用のしやすさも重要です。
Wagbyは生成されたソースコードが公開されており、セキュリティ対策もしっかりしていました。
また、内部仕様に関するドキュメントが豊富なことや、15年超のノウハウと導入実績の多さも安心できる点ですね。

いますぐ始めよう

Wagby トライアルキットを無償でダウンロードできます。
実践的な業務アプリケーションを開発できるチュートリアルもご用意していますので、
ぜひお試しください。