親モデルが存在しないと子モデルの作成が行えないようにする最終更新日: 2021年7月20日

「顧客」と「サポート」という2つのモデルを例に説明します。

最初に「サポート検索」からサポート検索画面を開きます。この時点では、データは1件も登録されていません。

サポートモデルは、「どの顧客モデルに対してのサポートか」という関係を持っています。そのため、顧客モデルを指定せずにサポートモデルを単独で作成することはできないようになっています。(図1の画面に「新規登録」ボタンは表示されません。)

サポート検索画面

次に、顧客のデータを新規に登録します。
顧客の詳細表示画面に「サポート新規作成」ボタンが用意されています。 外部キーの関係にあるサポートモデルの新規登録は、対象データ(ここでは顧客データ)の詳細表示画面から行います。

顧客詳細表示画面

「サポート新規作成」ボタンをクリックし、サポート新規登録画面を開いてみます。顧客ID(紐づく親モデルのID)は自動設定かつ読み込み専用としています。(親を変更することはできません。)

サポート新規登録画面

各項目を入力して登録を行います。サポート詳細表示画面から顧客モデルへ戻るための「顧客 一覧表示」「顧客 詳細表示」ボタンが用意されています。

サポート詳細表示画面

設定方法

子モデルの検索・一覧画面

子モデル(ここではサポートモデル)の検索・一覧画面で「登録」ボタンを非表示とします。

新規登録ボタンを表示しない

外部キーを読み込み専用にする

子モデルがもつ外部キー(顧客ID)を読み込み専用にします。

外部キー項目を読み込み専用とする

仕様・制約