他モデルの参照最終更新日: 2021年4月1日

はじめに

モデルは 1:1, 1:N といった関連(リレーションシップ)を持つことができます。

図1 モデルの参照関係

ここで(参照元モデルの)参照キーには「リストボックス」「ラジオボタン」「チェックボックス」「検索画面」という表現方法が用意されています。

内容

(1) 選択肢モデル
選択肢モデルとは、数個から数十個の選択肢を管理するために用います。
(2) リストボックス
参照先モデルの値をリストボックス形式で表示します。リストボックスの中から一つの値を選択できます。
(3) ラジオボタン
参照先モデルをラジオボタン形式で表示します。一つの値を選択できます。
(4) チェックボックス
参照先モデルをチェックボックス形式で表示します。複数の値を選択できます。
(5) 検索画面
参照先のデータ量が多い場合には、検索画面を用いた絞り込みが利用できます。

参照先モデルを確認する

モデル参照項目の設定を行うアイコンにカーソルをのせると、図1のようなダイアログが表示されます。移動ボタンを押下することで、参照先モデルの内容を表示します。

図2 移動ボタン

遷移先のモデル定義に「戻る」アイコンが用意されています。このボタンを押下すると図1に戻ります。

図3 戻るボタン