ラベルの高さ最終更新日: 2020年3月14日
R8 | R9

画面例

顧客モデルの「氏名」項目のラベルの高さを 50 px に設定した例を図1に示します。

図1 新規登録画面

定義方法

モデル項目詳細定義の「出力制御 - 詳細画面」タブに用意された「スタイル」の「ラベルの高さ」に数値と単位を指定します。

数値のあとの単位は省略することもできます。省略時は "px" (ピクセル)と解釈されます。
図2 ラベルの高さを設定する

ワンポイント

この設定は詳細表示画面、登録画面、更新画面に反映されます。

値の高さとの関係

「値の高さ」と併用した場合、通常のレイアウトではどちらか大きい方に合わせられます。

図3 ラベルと値の両方の高さを設定する(1)
図4 ラベルと値の両方の高さを設定する(2)

繰り返しコンテナでは、ラベルの高さと値の高さがそれぞれ反映されます。(繰り返しコンテナの場合、いずれかひとつの項目に設定すると、その他の列も自動的に合わされます。)

図5 繰り返しコンテナに設定した場合