ドメイン最終更新日: 2021年7月1日

ドメインとは

Wagbyが提供する「ドメイン」は、開発者が多くのモデルをまとまった単位で管理するための仕組みです。

まとまった単位とは、多くの場合、モデル間の関連(モデル参照の関係)でつながったモデル群をいいます。このモデル群に管理名を付与したものを「ドメイン」と呼びます。

ワンポイント

この説明ページにある手順でドメインを作成しても、ビルドしたアプリケーションには何の影響もありません。

※ ドメインは開発者が、Designerによるモデル管理をやりやすくするための技法です。ユーザ向けには別途、メニューを適切に分割することで業務の単位を示すことができます。(メニュー設定は現在、準備中です。)

ドメインを用意する

モデルメニューの「ドメイン」タブを開きます。ギアアイコンから「新規」を選択し、新しいドメインを作成します。

ドメインの設定(1)
ドメインの設定(2)

ここでは「営業チーム」「開発チーム」という二つのドメインを作成します。ドメインIDはシステム内部で用いられる識別子です。英数字の組み合わせで名前をつけてください。

ドメインを新規に作成する(1)
ドメインを新規に作成する(2)

ドメインを作成すると、モデル一覧に(作成した)ドメイン名のタブが用意されます。

ドメインタブ

ドメインにモデルを割り当てる

ドメインを作成した直後は、これまでのモデルはすべて「共通」ドメインに含まれています。

共通ドメイン

ここでは「商品」「顧客」「見積」モデルを「営業チーム」ドメインに割り当てます。移動対象のモデルを選択し、ギアアイコンから「ドメイン」を選びます。

モデルのドメインへの配置(1)
モデルのドメインへの配置(2)

これらのモデルは最初は「共通」に属しています。「共通」のチェックを解除することで、他のドメインが選べるようになります。

共通ドメインを解除する

あらためて、選択されたモデル群を「営業チーム」ドメインに割り当てます。

営業チームドメインに割り当てる

割り当てが成功すると、共通ドメインにこれらのモデルが含まれなくなっていることがわかります。

モデル割り当て後の共通ドメインの内容

「営業チーム」ドメインを選択すると、このドメイン内にモデルが表示されます。

モデル割り当て後の営業チームドメインの内容

同じように「製品」モデルを、共通ドメインから開発チームドメインに割り当ててみます。

製品モデルを開発チームドメインに割り当てる(1)
製品モデルを開発チームドメインに割り当てる(2)

共通ドメインの残ったのは2つのモデルです。

モデルをドメインに割り当てる(1)

共通ドメインの役割

アプリケーション全体をとおして利用されるモデルは、共通ドメインに所属させるようにしてください。他のどのドメインからも参照されるモデル群という位置付けです。