R8リポジトリからR8への移行最終更新日: 2020年7月14日

準備

移行元(旧版のR8)

Designerの運用タブから、zip 形式のリポジトリとして「バックアップ」してください。このファイルをR8に読み込ませることで、自動的に移行処理が行われます。

移行先(新版のR8)

初期リポジトリの状態に戻しておきます。

Unlimited ライセンスご利用の場合

申請IDが埋め込まれた「初期リポジトリ」を repository/branches フォルダに上書きしてください。(Wagby販売パートナーより、お客様向けの初期リポジトリをお受け取りください。)

移行

運用メニューの「アップロード」欄から「ファイル選択」ボタンを開きます。ファイルダイアログが表示されるので、読み込むリポジトリファイル(通常は "wrb_" で始まる、zip 形式ファイル)を指定します。移行元のR8 Designerでバックアップしたファイルを指定します。

図1 ファイルの選択

ファイル選択後、「アップロード」ボタンを押下します。このとき、旧 R8 のリポジトリを、新しい R8 のリポジトリに移行される処理が自動的に適用されます。

移行後に手動で行うこと

移行がスキップされるモデル

「システム」タブに含まれているモデルは、旧版からの移行ではなく、新版に含まれているものを使います。すなわち、移行ツールの対象外になります。

ただし以下のモデルは除きます。すなわち開発者が変更した定義が(移行後も)引き継がれます。

  • juser
  • jgroup
  • jnews

上記以外のシステム系モデルを修正していた場合(例:メニュー体系を変更した)、手動で同じ修正を適用してください。

カスタマイズコード

移行ツールでは、カスタマイズしたコード(Java,JSP,JavaScriptなど)は扱いません。 これらのファイルは開発者が手動で最新のR8向けコードに修正してください。[詳細...]