サポート > リポジトリ > Appendix > 複合キーの内部的な表現

Wagbyで複合キーを指定したときの内部処理を説明します。

主キーが複合キー形式となっている「商品」モデルを用意します。

図1 商品モデル(主キーが複合キー形式)

「売上伝票」モデルの「明細」部(繰り返しコンテナ)で、商品モデルを参照します。

図2 売上伝票モデル

Wagbyの設計情報の「商品」項目は、「売上伝票」モデルのテーブル定義においては二つの列が用意されます。

図3 売上伝票モデルのテーブル定義

生成される列の命名規則は次のとおりです。

(Wagbyの)項目名_参照先モデルの主キー項目名

複合キーを利用した場合、Wagbyが生成するWebフォームでは次のような形式でデータを扱います。

value1$SEP$value2$SEP$...

ここで value1, value2 はそれぞれ主キー1の値、主キー2の値です。"$SEP$" が値の区切り文字となります。