アプリケーションサーバTomcatの設定や、Javaのバージョンを指定することができます。

「環境」メニューから「サーバ」を選択します。

図1 サーバの設定

この説明は、ビルドするWebアプリケーション (wagbyappフォルダ) に反映されます。すなわち、運用するアプリケーションのための設定です。

JVM最大ヒープメモリサイズ(MB)

Java Virtual Machine(JVM)の最大ヒープメモリサイズを指定することができます。初期値は512です。単位は MB (メガバイト) です。

大量のデータを扱う場合や、アプリケーションに同時にログオンする利用者が多い場合は、このメモリサイズを大きくする必要があります。

JVM初期ヒープメモリサイズ(MB)

Java Virtual Machine(JVM)の初期ヒープメモリサイズを指定することができます。初期値は64です。単位は MB (メガバイト) です。

HTTPポート番号

Tomcatが使用するHTTPポート番号を指定します。初期値は8921です。

Wagbyでは、標準のポート番号として「8921」を使っています。この値を「80」に変えることで、Webブラウザのアドレスバーに入力するURLから「:8921」というポート番号表記をなくすことができます。ただしこの場合、お使いのマシンですでに別のWebサーバが動作していないことを確認してください。たとえばWindows Server系OSの場合、IISというWebサーバが起動していれば、すでに80番ポートを使用しています。この場合はIISを停止してください。
IIS や Apache Web Server と(Wagbyが提供する)Tomcatを同じポート80番で共存させるような設定を行うこともできます。定義方法が複雑なため、本マニュアルでは割愛します。詳細についてはWagby販売パートナーへご相談ください。

AJP1.3ポート番号

Tomcatが使用するAJP1.3ポート番号を指定します。初期値は 8009 です。

(この設定は Apache Web Server と連携するときに使用します。通常は設定を変更する必要はありません。)

サーバポート番号

Tomcatが使用するサーバポート番号を指定します。初期値は 8005 です。

(この設定は通常、変更する必要はありません。)

リダイレクトポート番号

Tomcatが使用するリダイレクトポート番号を指定します。初期値は 8443 です。

(この設定は通常、変更する必要はありません。)

送信リクエストのセッションIDをチェックする(CSRF対応)

送信リクエストIDのチェックを行うかどうかを選択します。初期値は有効になっています。

この設定はセキュリティレベルを向上させるものです。具体的にはCSRF(Cross Site Request Forgeries)といったログオンユーザの権限を利用したサイト攻撃手法が行えなくなります。

Javaのバージョン

自動生成されるJavaソースコードが、どのJavaでコンパイルできるかを指定します。初期値は "1.8" (Java 8) になっています。Java 9 を利用する場合、Javaのバージョンに "9" を指定します。1.9ではないのでご注意ください。

"1.6" や "1.7" を指定することはできません。Java 8 以上が対象になります。
開発の途中でこのバージョンを変更した場合は、フルビルドを行ってください。サーバサイドJavaScriptのコードも再作成されます。

Wagbyは一度データベースから読み込んだ値をメモリにキャッシュします。そのキャッシュサイズを指定することができます。単位はメガバイトとなっており、標準は100メガバイトとなっています。

モデルごとにキャッシュサイズを指定することはできません。内部ではオープンソースの ehcache ライブラリを用いており、LRU アルゴリズムによって、よく使われるデータが優先してキャッシュします。
wagbyapp/temp フォルダに一時ファイルが生成されることがあります。Wagbyアプリケーション停止後であれば、wagbyapp/temp フォルダに残った一時ファイルを手動で削除することができます。
JVMヒープメモリ領域に空きが少なく、キャッシュ用のメモリ領域を確保できない場合に "CacheManager configuration: You've assigned more memory to the on-heap than the VM can sustain, please adjust your -Xmx setting accordingly" というエラーメッセージがコンソールに表示されます。この場合はヒープメモリ領域を増やすか、キャッシュ用のメモリ領域を減らしてください。(ヒープメモリ領域を増やす場合は、指定したサイズよりも大きな物理メモリがあることが前提となります。)

HttpSession オブジェクトを格納する場所を指定します。「マルチセッション」を利用する場合に設定します。

格納方式説明
HTTP Session マルチセッションを利用しません。
Spring Session HashMap
(標準;テスト用)
マルチセッションを利用します。HttpSession をメモリ内のハッシュマップで管理します。テスト用であり、本番運用を行うことはできません。選択肢が空白の場合、こちらになります。
Spring Session Redis HttpSession を Redis データベースで管理します。マルチセッションを本番で利用する場合は、こちらを使ってください。

Spring Session HashMap の制約

"Spring Session HashMap" は開発中にマルチセッションを試すために用意されています。この方式はセッションタイムアウト(利用者が一定期間操作しなかった場合、自動的にログオフされる機構)に未対応のため、本番運用には用いないでください。(*1)

Spring Session Redis を利用する場合

Redis はキーバリュー型のデータストア製品で、オープンソースで提供されています。Redis をインストールしたマシンのホスト名、パスワード、ポート番号を指定してビルドを行なってください。

Wagby アプリケーションを起動する前に、Redis を起動しておく必要があります。 また Wagby アプリケーションを再起動する場合、Redis の保存内容を消去しておくようにしてください。詳細は Wagby Developer Network のページで説明します。

1. マルチセッションは Wagby が内部で利用している Spring framework の機能を使って実現しています。Spring Session HashMap はセッションを格納するデータベースが不要ですぐに動作を確認できる利点がありますが、開発元の Spring チームではこれをテスト用と位置づけており、セッションタイムアウト機構に対応させていません。

アカウント > Windows Active Directory/LDAP による認証 をお読みください。

Wagby Developer Network(R8) > クラスタリングの設定 をお読みください。