メニューを階層構造にする方法を説明します。

以下の例では、「顧客」モデルのダウンロード機能とアップロード更新機能を有効にしています。

階層メニューボタンを配置したいタブを選択しておきます。(ここでは "サービス" タブとします。)
メニューの「ボタン設定」から「階層メニューボタン追加」を押下します。(図1)

図1 階層メニューボタン追加

現在、有効なタブ内に階層メニューのアイコンが用意されます。(図2)

図2 階層メニューが配置された

例として、ラベルを "外部入出力" とします。文字色と背景色を設定します。ラベルの設定は必須です。かつ、他と重複しない名前としてください。(図3)

図3 ラベル、文字色、背景色の設定

ドラッグ&ドロップで、階層メニューボタンの位置を変更します。(図4,図5)

図4 階層メニューボタンのドラッグ
図5 階層メニューボタンのドロップ(位置の移動)

追加した "外部入出力" メニューのアイコンをダブルクリックします。すると階層の中に移動します。(図6)

図6 階層メニューの中に入る

「顧客ダウンロード」と「顧客アップロード更新」ボタンを追加します。(図7)

図7 ダウンロードとアップロード更新のメニューボタンを追加する

"戻る" ボタンをダブルクリックすると、図5の画面に戻ることができます。

"戻る" ボタンのラベルを変更することはできません。文字色と背景色は、階層化メニューボタンと同じものとなります。(変更することはできません。)

メニューボタンをドラッグしたまま階層メニューへマウスオーバーしたままにすると、この階層メニューが選択されます。

その後、階層メニュー内にメニューボタンを移動するとアイコンが緑に変わり、ドロップ可能となります。このままメニューボタンをドロップすることでメニューをその階層に移動させることができます。

階層化されたメニューをツリービュー形式で表示することができます。

  • 階層メニューボタンは入れ子にすることができます。
  • 階層メニュー設定時、「戻る」ボタンの色および位置を設定することはできません。
  • 階層メニューおよび、(階層下からの)戻るボタン押下は、パンくずに記録されません。
  • 階層メニューの「ラベル」を空白にすることはできません。
  • 階層メニューの「ラベル」は、他のラベルと重複しないようにしてください。(重複した場合、一つにまとめられます。)