サポート > 管理者ガイド(R7) > ログオンユーザ管理
ja | en

現在ログオンしているユーザをログオンユーザ管理画面で確認するとともに、強制ログアウトさせることができます。

この画面では「アカウント」「ログオンした時間」「最後にアクセスした時間」が一覧で確認できます。
「画面のリフレッシュ」ボタンをクリックすると、最新のログオン状態を表示することができます。

図1 ログオンユーザ管理画面

図1で、「接続解除」ボタンをクリックすることで、ログオンしているアカウントを強制的にログオフさせることができます。

更新ロックをかけたまま席を外しているユーザのアカウントを解除し、他のユーザが更新を行えるようにするといった場合に有効です。

接続解除操作では、ログ (system.log) に次のように記録されます。

[INFO jp.jasminesoft.jfc.LogonStatusManager removeUserName] (admin@localhost) JFC-90003:アカウント suzuki がセッションから除かれました。

ログオンアカウントに「接続解除」プリンシパルを与えます。そのアカウントで、接続解除が行えます。

システム管理者 (admin) は、標準でこの機能を利用できます。

接続解除のみを行うアカウントを用意する

専用のアカウント(名前は任意)を作成します。このとき、プリンシパルに「パスワード変更」「接続解除」だけを設定します。(それ以外のプリンシパルを設定すると、本アカウントは特別扱いされません。)

同時接続数が上限に達した場合でも、このアカウントだけはログオンできます。接続解除処理を行なうことができます。