サポート > 管理者ガイド > システムログ閲覧

日付やログレベル、キーワードを指定してログファイル (system.log) の内容を画面で閲覧することができます。

管理処理メニューから「システムログ閲覧」を選びます。
「ログ日付」「タイプ」「キーワード」といった条件で絞込み表示を行うことができます。標準は「タイプ」が "ERROR" となっています。

表示される「メッセージ」は128文字までです。それ以上の文字がある場合は末尾に "...(see system.log file)" が付与されます。

図1 システムログ表示(タイプ "ERROR" による絞り込み)

ログには「タイプ」という概念があります。Wagby では次の 5 つのタイプが用意されています。

タイプ 説明
INFO 正常処理時のメッセージです。
ERROR エラー処理時のメッセージです。処理は中断されたことを示します。
WARN 警告を意味します。処理は続行されています。
FATAL 致命的なエラーを意味します。アプリケーションの再起動が必要です。
DEBUG デバッグメッセージです。開発者向けに用意されています。

次の例は「タイプ」を "INFO" とし、かつキーワードに "ログオン" という文言があるログを絞り込んだ例です。

図2 システムログ表示(タイプ "INFO" かつキーワード "ログオン" による絞り込み)

当日のログファイルは wagbyapp\logs フォルダに「system.log」として出力されます。

ログは日次でローテートされます。過去日のログファイルはファイル名に日付が含まれています。
ログが日次ローテートされない場合、wagbyapp (Tomcat) を再起動してお試しください。

注意点

Wagby は通常運用ではログファイルの削除を行いませんが、再ビルドやシステムの入れ替え作業を行うと、ログファイルは削除されます。具体的には次のような場合です。

  • ビルドを行うと wagbyapp\logs フォルダ以下も初期化されるため、それまでのログファイルは削除されます。そのため、特定の日付以前のログファイルが無い状態になります。
  • アプリケーションを入れ替えると、同様に wagbyapp\logs フォルダも入れ替わりますので、特定の日付以前のログファイルが無い状態になります。

ログファイルの長期保管を行うため、再ビルドやシステム入れ替え時には既存の logs フォルダを手動でバックアップしてください。

圧縮されたログファイル

zip 圧縮したログファイルも閲覧することができます。ディスクスペースの節約につながります。

Wagby はログファイルの自動削除を行いません。ログファイルの削除は管理者の判断で、手動で行ってください。

ログファイルを削除する場合は、別のメディアに保存することを推奨します。

R7.11以降

日付時刻 [ログレベル クラス名 メソッド名] (アカウント@ホスト名またはIPアドレス|ブラウザ) 画面名|イベント名

例を示します。

2017-04-04 09:00:00 [INFO jp.jasminesoft.jfc.controller.DbShowListBaseController perform_db] (admin@0:0:0:0:0:0:0:1|Chrome) showListCustomer|Search 

日付時刻は yyyy-MM-dd HH:MM:ss で表現されます。西暦年月日と時分秒です。

ログレベルは "INFO", "ERROR", "WARN", "FATAL", "DEBUG" が用意されています。

クラス名は、このログを出力した Java のクラスです。メソッド名は、クラス内のメソッドです。

アカウントは、「@」の後に操作端末のホスト名(ホスト名が不明の場合はIPアドレス)が付与されます。ただしシステムレベルのログの場合、この値は省略されます。

ブラウザは BROWSERTYPE 関数が返す値と同じです。 画面名は SCREENID 関数と同じです。 イベント名は EVENT 関数と同じです。

ログにより「いつ、誰が(どの端末から)、どの画面に対して、どういうアクションを行ったか」がわかります。

R7.0 〜 R7.10.3

R7.10.3 まではブラウザの情報がありません。

日付時刻 [ログレベル クラス名 メソッド名] (アカウント@ホスト名またはIPアドレス) 画面名|イベント名