サポート > リポジトリ > 繰り返し > 繰り返しコンテナ - 繰り返し項目の上限数

繰り返しコンテナの上限数を指定することができます。

繰り返しコンテナの上限数を "3" とした例を図1に示します。

3つめの繰り返しコンテナ入力欄が表示された時点で、「追加」「挿入」ボタンを押下することはできなくなります。

図1 上限数を設定

繰り返しコンテナ型の項目の詳細を設定します。
モデル項目詳細定義ダイアログの「入力制御」タブ内にある「繰り返し - 繰り返し項目の上限数」に数字を記述します。

図2 上限数の設定

この値が空白または "-1" の場合、上限なし、となります。

  • R8.3.1まで、繰り返しコンテナに含まれるファイル型項目に複数のファイルを直接、ドラッグ&ドロップして登録したとき、上限数チェックが適用されません。R8.3.2で適用されるようになります。この場合、画面操作では登録可能なように動作しますが、保存ボタン押下時にエラーチェックがかかります。