入力フォーカスとタブインデックス最終更新日: 2021年10月18日

動作と設定

動作

最初の入力欄は(タブインデックスに "1" を設定した)「会社住所」項目になります。値を入力し、タブキーを押下すると、次の入力欄に遷移します。

タブインデックスを設定した入力画面(タブの移動のつど連番を入力した例)

ワンポイント

「Enterキーの取り扱い」を「タブキー扱い」とすることで、入力後にEnterキーを押すとすぐに転記される動作となります。

設定方法

モデル項目詳細定義ダイアログの「入力制御 > 共通」欄の「タブインデックス」に数字を設定します。開始番号は1からとします。番号1の欄が最初の入力欄になります。

タブインデックスの設定

この設定は登録(コピー登録)、更新、検索画面に反映されます。

注意

項目全体で同じ数字が割り当てられないようにしてください。

入力フォーカス

登録・更新画面では、画面上から辿って最初に見つかったテキスト入力欄に、入力フォーカスがセットされます。

すべての入力項目にタブインデックスを指定することで、タブインデックスが "1" の項目に入力フォーカスがセットされるようになります。

対象外となる項目を指定する

設定値を "-1" とすると、タブキー押下でその要素にフォーカスが移動しなくなります。

仕様・制約

  • タブインデックス 0 は無視されます。(タブインデックス指定が空白とみなされます。)
  • タブインデックス -1 は、その要素にフォーカスが移動しなくなります。
  • タブインデックスを指定した項目と、しなかった項目が混在した場合、登録・更新画面を開いた時の最初の入力フォーカスは "タブインデックスを指定しなかった(最初の)テキスト入力可能な項目" になります。タブインデックスを設定する場合、すべての項目に連番を設定するとよいでしょう。
  • テキストエリア項目にはタブインデックスを設定することはできません。
  • 読み込み専用項目や隠し項目にはタブインデックスを設定することはできません。

適用できるUI

標準UI スマートフォンUI SPA UI
-