サポート > 管理者ガイド(R7) > ジョブの即時実行

「今すぐ実行」ボタンを押下すると、ジョブを即時に実行できます。 R7.4

ジョブを登録後、「今すぐ実行」ボタンを押すことで、すぐにジョブを実行することができます。

図1は、外部コマンドとして dir コマンドを(Windows OS 上で)実行した例です。

図1 ジョブの設定
図2 すぐに実行された

実行結果はログファイル (system.log) に記載されます。

2014-12-25 11:04:39 [INFO jp.jasminesoft.wagby.struts.jfcjobschedule.MyShowJfcjobscheduleAction do_jobImmediatly] ProcessExec is successfully registered now.
2014-12-25 11:04:39 [INFO jp.jasminesoft.jfc.job.JFCBaseJobBean executeInternal] (jobadmin@localhost) ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は 4809-445C です

 C:\Users\sample\Desktop\Wagby-R6.9u16\export のディレクトリ

2014/12/17  09:05    <DIR>          .
2014/12/17  09:05    <DIR>          ..
2014/12/16  09:55            45,717 data_20141216095528.zip
2014/12/16  19:40            47,234 data_20141216194048.zip
2014/12/16  19:52            46,084 data_20141216195239.zip
2014/12/17  09:04    <DIR>          data_build
2014/12/17  09:05    <DIR>          data_init
               3 個のファイル             139,035 バイト
               4 個のディレクトリ  15,924,539,392 バイトの空き領域

2014-12-25 11:04:39 [INFO jp.jasminesoft.jfc.User logoff] (jobadmin@localhost) JFC-00028:アカウント jobadmin のログオフを行います。

プリンシパル

jobadminアカウントに「ジョブ管理者」「ジョブスケジュール管理者」権限を割り当てます。 (必要に応じて、その他の権限も割り当てるようにしてください。)

設定方法

設定のポイントは次のとおりです。

  1. ジョブアカウントは必ず指定してください。通常は jobadmin アカウントを指定します。(参考:「準備:ジョブ実行アカウントを利用可能にする」)
  2. ジョブは「有効」ではない状態でも、即時実行できます。ジョブが有効でなければ、スケジュール設定も無視されますので、即時実行のみでジョブ機能を利用することができます。
  3. ジョブの結果をメールで送信する機能を併用することを推奨します。ログ閲覧だけではジョブの実行結果を把握できないことがあります。