一覧表示 - 複数段一行明細レイアウト最終更新日: 2021年8月3日

下図は一覧表示項目を二段で表示した例です。

複数段一行明細を用いた例

設定方法

  1. 「レイアウト > 一覧」を開きます。
    左側の「一覧表示設定」で「行数」を指定します。ここでは「2」とします。
    行数の指定(1)
  2. 「変更」ボタンをクリックすると、段組が用意されます。
    行数の指定(2)
  3. ドラッグ&ドロップ操作で、項目を段組の内部へ配置することができます。
    段組レイアウトの設定
  4. 「レイアウト設定保存」ボタンをクリックし、編集内容を保存します。この操作により、リポジトリに反映されます。
    設定情報を保存する

セル結合(列)

セル結合(列)では、1つの項目を指定した列数分の幅で表示することができます。
下図の「備考」欄では3つの列を結合しています。

三段目を用意した例

設定方法

  1. 「レイアウト > 一覧」を開き、左側の「一覧表示設定」の「行数」を「3」に変更します。
    「備考」を3段目に配置します。
    行数を3とし、備考項目を配置する
  2. 「備考」をクリックして選択し、列を「3」とします。
    Tabキーを押下すると右のレイアウトに反映されます。
    セル列を設定する(1)
  3. 「レイアウト設定保存」ボタンをクリックし、編集内容を保存します。この操作により、リポジトリに反映されます。
    レイアウト設定を保存する

    操作上のご注意

    セル結合を行う際は、 「列→行」 の順番で設定してください。
    「行→列」の順番で設定した場合、表示内容と設定が合わない現象が発生することがあります。

セル結合(行)

セル結合(行)では、1つの項目を指定した行数分の高さで表示することができます。
下図では「氏名」「氏名かな」項目をそれぞれ2行で結合しています。

セル結合(行)を指定した例

設定方法

  1. 行数を2とし、二行目に「会社名」「メールアドレス」項目を配置します。
    二行で表示する例
  2. 「氏名」と「氏名かな」項目について、セル結合(行)を「2」と設定します。
    氏名項目へのセル結合(行)の設定
    氏名かな項目へのセル結合(行)の設定
  3. 設定後、「レイアウト設定保存」ボタンをクリックして保存します。
    レイアウト設定を保存する

    操作上のご注意

    セル結合を行う際は、 「列→行」 の順番で設定してください。
    「行→列」の順番で設定した場合、表示内容と設定が合わない現象が発生することがあります。

一覧更新への適用

一覧更新機能を有効にした場合、この画面にも複数段一行明細設定が適用されます。

一覧更新画面での複数段一行明細