文字列 - テキストエリア

最終更新日: 2022年5月9日

動作例

「備考」項目をテキストエリアとして指定した例です。
テキストエリアでは他の入力方式よりも長い文章を入力でき、改行も反映されます。
また、太字やイタリック、下線など文字に修飾をつけることもできます。

標準UI

テキストエリア項目の入力欄

スマートフォンUI

標準UIに近い操作性を実現します。

スマートフォンUI テキストエリア項目の入力欄

SPA UI

標準UI相当の文字修飾を行うことができます。

テキストエリア項目の入力欄

文字修飾

入力制御 > 入力項目の種類 > 動作例」をお読みください。

設定方法

入力制御 > 入力項目の種類 > 設定方法」をお読みください。

画像の埋め込み

URLを指定して、画像を埋め込むことができます。

画像の埋め込み

画像のURLを入力すると、入力欄に画像が埋め込まれます。

画像をURLで指定する

「説明」に入力した内容は、画像が何らかの理由で表示できない際に表示されます。

説明の表示
  • "http://" が入力されなかった場合、自動的に入力値の先頭に付与されます。
  • 画像ファイルを更新する場合は、アイコンをダブルクリックしてください。ダイアログが開きます。

入力欄の大きさを変更する

テキストエリアは、幅と高さを変更することができます。下図は幅を360px、高さを120pxとした例です。

テキストエリアのサイズを変更した例

設定方法

「入力制御 > リッチテキストエリア」から高さと幅を指定します。

高さと幅の設定

プラグインを選択する

6種類のプラグインのうち、利用するものを選択することができます。
標準では太字のものが有効になっています。

  • スタイル
  • フォントサイズ
  • カラー(背景色と文字色の設定)
  • リスト(中黒、数字の設定)
  • インデント
  • レイアウト(右寄せ、左寄せの設定)
  • 画像
  • HTMLソース表示
テキストエリア(リッチ)のプラグインの選択
消しゴムアイコンと1文字消去アイコン(バツ印のアイコン)は常に表示されます。