文字列最終更新日: 2021年5月11日

種類

文字列型はさらにいくつかの属性を指定することができます。
"モデル > 項目の型 >Wagbyで利用できる型"をお読み下さい。

詳細

文字列型には次の設定を行うことができます。

値をデータベースに保存する

標準では「値をデータベースに保存する」が有効です。その場合、DBに保存された値が表示されます。
計算式を使用する項目では、このチェックを外すことで常に最新の計算結果が表示されるようになります。

注意

チェックを外した項目は検索項目として利用できなくなります。

詳細 > データベースの詳細

入力チェック

入力項目に入力チェックの設定を適用できます。必須・任意の設定と、文字数の指定が行えます。

入力チェック

必須

この設定を有効にすると、必須チェックが行われます。値が入力されていないと、保存を行うことができません。
必須項目は、アプリケーションの入力画面で「*」マークが付きます。

※ 隠し項目としたとき、必須指定は無視されます。
必須項目の表示

文字数

この欄には数字だけでなく、半角ハイフン(-)を用いた書式が利用できます。

書式 記述例 意味
数字のみ 5 5文字以内(6文字ならエラー)
-数字 -5 5文字以内(上記「数字のみ」の記述と同じ)
数字- 5- 5文字以上(4文字ならエラー)
数字1-数字2 5-8 5文字以上8文字以内

入力制御

入力制御タブでは、入力項目に関する設定が行えます。

入力制御

入力項目の種類

「テキストエリア」を指定できます。
詳細はテキストエリアの説明をお読みください。

入力フィルタの選択

入力された値は「フィルタ」によって補正されます。
文字列の場合、標準で「文字列(一般)」が適用されます。 詳細は"入力フィルタの仕様"をお読みください。

隠し項目

「全画面」にチェックを入れると登録・更新画面でこの項目を画面から非表示とすることができます。
(詳細・一覧画面では表示されます。)

説明

入力フィールドに関する説明を追加できます。

説明

登録・更新画面 > 入力フィールド > 内容

登録・更新画面に適用されます。この入力項目の説明文が、入力欄の下部に表示されます。

登録・更新画面 > 入力フィールド > 内容

登録・更新画面 > プレースホルダのメッセージ

登録・更新画面に適用されます。未入力のとき、灰色で入力例の文言が表示されます。

登録・更新画面 > プレースホルダのメッセージ

検索画面 > プレースホルダのメッセージ

検索条件部に適用されます。未入力のとき、灰色で入力例の文言が表示されます。

検索画面 > プレースホルダのメッセージ
文字列型の設定 > その他検索画面 > プレースホルダのメッセージ

その他

モデル項目説明

開発時のメモとして利用できます。モデル項目一覧表示画面で表示されます。
ビルドするアプリケーションに影響はありません。

その他
モデル項目説明

影響分析

Desingerの機能 > 影響分析をお読みください。

格納できる文字数の上限

入力できる最大文字数は、全角または半角で255文字です。メールアドレスURLも同じです。