文字列 - URL

最終更新日: 2022年6月9日

動作例

文字列型項目の属性にURLを指定すると、登録・更新画面で "https://" という文字列が自動的に設定されます。

URLを指定した項目の登録画面

「URL」を指定した項目では、詳細表示画面および一覧表示画面でそのURLへのリンクが付与されます。 クリックすると、そのページが開きます。

標準UI

URLにリンクがついている

スマートフォンUI

URLにリンクがついている

SPA UI

URLにリンクがついている

設定方法

文字列型項目の型詳細設定で「URL」を選択します。

URLを指定した項目の登録画面

初期値を変更する

新規登録画面を開いたときの初期値 "http://" 文字列を変更することもできます。スクリプトで"登録(初期データ作成)"のタイミングに式を設定してください。

ここでは新規登録画面を開いた時の初期値を空文字とした例を示します。

初期値を空にする

スクリプトの詳細は別章「スクリプト」をお読みください。

オプション設定

リンク先画像を表示する

項目が URL 型でリンク先が画像ファイルの場合、画像を表示することができます。

詳細画面で、URL型の項目に画像ファイルのリンクを指定した例を示します。

詳細画面にURL(画像)を含めた

一覧表示画面の例を示します。

一覧画面にURL(画像)を含めた

設定方法

「出力制御>詳細画面>URL型のリンク先画像を表示する」および「出力制御>一覧画面>URL型のリンク先画像を表示する」を有効にします。

「画像のサイズ」を指定すると、表示時のサイズを指定できます。高さのみの指定になります。

出力制御>詳細画面>URL型のリンク先画像を表示する
出力制御>一覧画面>URL型のリンク先画像を表示する

ファイル名(URL)を表示しない

ファイル名(URL)を表示しない設定を行った場合は次のようになります。

ファイル名(URL)を表示する設定を無効にする
ファイル名(URL)が表示されない

ただし上の例では「ファイル名(URL)リンクを有効にする」が設定されています。このとき、画像をクリックするとブラウザの別タブに画像が表示されます。

この設定も無効になっていれば、画像クリックしても何も起きません。

画像のクリックも無効にする

画像をダイアログで表示する

画像をダイアログで表示する設定を行うと、画像をクリックすると拡大表示されます。

画像をダイアログで表示する
画像をダイアログで表示する設定

リンク表示に利用する項目名

通常、リンクのための文字列はhttps://が表示されます。これを画面上は別の文字列(例えば「リンク」)とし、その文字列にアンカーを付与することができます。アンカーとなっている文字列はリンクになっています。

具体的な利用方法を「スクリプト>GoogleMapsへのリンクを用意する」で説明しています。