承認すべきワークフローを確認する最終更新日: 2021年11月8日

準備

ワークフローを承認できるアカウントに、"フロー状態閲覧" プリンシパルを設定しておきます。

承認者にフロー状態閲覧プリンシパルを設定する

実行

年休申請ワークフローを承認(決裁)するアカウントでログオンします。
ポータル画面を開くと、「保留フロー」の欄に自分の承認待ちとなっているワークフローの件数が表示されます。

※ 「最新情報を取得」ボタンをクリックすると、最新の状態が反映されます。
ポータル画面

( )で囲まれたフロー件数がリンクになっています。
ここをクリックすると保留フローを表示します。ユーザ名の横のリンクをクリックすると、そのユーザの申請フローのみ絞り込んで表示します。

この画面から、どのモデルのどのデータ(主キーで判断)を承認処理するべきかがわかります。

保留フロー状態検索

なお、保留フロー状態検索画面は「管理処理 > ワークフロー管理」メニューから選択することもできます。

管理処理メニュー

他者のデータを閲覧する場合

自分以外のアカウントが申請者となっているデータを検索したい場合は、図1のプリンシパル設定で "アカウント閲覧者"の設定を付与します。

一括処理

一覧表示欄の左側のチェックボックスを有効にして「承認」(または「差し戻し」「却下」)ボタンを押下すると一括で承認処理を行なうことができます。コメント欄に入力した文字列が、選択した全ての対象データに設定されます。

ワークフローの一括承認