サポート > リポジトリ > アカウント

Wagbyが標準で提供するアカウント管理モデルjuserおよびグループ管理モデルjgroupの運用方法を説明します。

juserはWagbyが標準で提供します。ログオンアカウントとパスワードを管理するモデルです。 WagbyDesignerの「システム」タブ内に含まれています。

図1 システムタブに含まれるjuserモデル
システムタブに格納されているモデルは削除しないようにしてください。また定義済み項目の変更・削除も行わないようにしてください。

jgroupはWagbyが標準で提供します。ログオンアカウントが所属するグループを管理するモデルです。 WagbyDesignerの「システム」タブ内に含まれています。

図2 システムタブに含まれるjgroupモデル
システムタブに格納されているモデルは削除しないようにしてください。また定義済み項目の変更・削除も行わないようにしてください。
(1) juserモデルの基本
juserモデルが標準で用意している項目を説明します。
(2) パスワード
パスワードの詳細な設定を行うことができます。
(3) CSVダウンロードとアップロード更新
juserの情報を CSV または Excel 形式でダウンロードすることができます。またアップロード更新を行うこともできます。
(4) パスワードリマインダ
パスワードを忘れる、または(複数回、誤ったパスワードを入力して)アカウントがロックされたときに、自分でパスワードを初期化することができます。
(5) IPアドレスによるログオン制限
利用者端末のIPアドレスによってログオンを制限することができます。
(6) juserのサブモデルの作成
juserのサブモデルを作成する方法を説明します。
(7) グループの使い方
一つのアカウント(juser)は複数のグループ(jgroup)に所属することができます。グループは権限管理と連動します。
(8) Windows Active Directory/LDAP,SSO による認証
ログオンアカウントのパスワード認証に Windows Active Directory または LDAP を使うことができます。
(9) デフォルトログオン
パスワード入力なしでシステムにログオンできるアカウントを用意することができます。
(10) マルチセッション
ブラウザのタブを複数開いて、同じ Wagby アプリケーションを操作することができます。
(11) 応用 ログオンアカウントの英字の大文字・小文字を同一文字として扱うJava
ログオンアカウントは標準で、英字は大文字と小文字表記を区別します。("A"と"a"は異なる文字として扱います。)これを同一文字として扱う方法を説明します。

ログオン画面をスキップして、任意の画面を開くこともできます。 "Appendix > 外部システムから直接、Wagby の任意の画面を開く > URLを指定する"をお読みください。

juserモデル

  • 項目を追加することはできますが、標準で用意されている項目を削除・変更することはできません。
  • 特に、パスワードに関する項目は Wagby 内部で特別な意味をもって管理されています。本項目を他のモデルから参照したり、更新するような変更を行うことはできません。
  • 次の項目を一覧表示・一覧更新画面に含めることはできません。
    • 現在のパスワード(passwdNow)
    • 新規パスワード(passwd)
    • 新規パスワード(確認用)(passwd2)
    • パスワード強制変更 (compulsoryChange)
  • 一覧更新機能を有効にした場合、アカウント名 (userid) を変更することはできません。
  • 一覧更新画面で新規登録を行うことができません。一覧更新機能を有効にした場合、「新規」および「コピー登録」のボタンを表示しないようにしてください。

juserのサブモデルの作成

juserのサブモデルの作成 をお読みください。

jgroupモデル

  • 項目を追加することはできますが、標準で用意されている項目を削除・変更することはできません。

カスタマイズした定義を新しいWagbyでも利用できるようにする

juserモデルならびにjgroupモデルに拡張を加えた場合、「移行ツール」を使って新しくバージョンアップされたWagbyに(この設定を)引き継ぐことができます。