外部システムから直接、Wagby の任意の画面を開く最終更新日: 2020年3月14日

URLを指定する

外部システムから直接、開きたい Wagby の画面を指定することができます。

例えば顧客モデル(customer)の一覧表示画面を開く場合、次のようになります。ホスト名は適切に読み替えてください。

http://localhost:8921/wagby/showListCustomer.do

最初にログオン画面が表示されます。ログオン後、メニュー画面をスキップして顧客モデル(customer)の一覧表示画面が開きます。 なおパラメータにログオンアカウントおよびパスワードを指定することはできません。

例:新規登録画面を開く

URL に action_New パラメータを加えます。値部分も同じく "New" とします。

http://localhost:8921/wagby/insertCustomer.do?action_New=New

接頭語 "action_" のあとに続く文字列は「イベント」として扱われます。 詳細は"画面遷移パラメータまとめ"をお読みください。

例:検索条件を付与する

パラメータ内に含める&は、"%26" に置換してください。これはパラメータ以降の文字列をひとまとまりとして扱えるようにするためです。

http://localhost:8921/wagby/showListCustomer.do?action_Search_Condition=Search_Condition%26customer_cp$002f整数型項目1jshparam=整数値%26customer_cp$002f整数型項目2jshparam=整数値
  • 上例で、検索条件を格納するモデル名は customer_cp と表現しています。詳細は「コンディションモデル」をお読みください。
  • 上例の「整数型項目」は適切に読み替えてください。Wagbyでは整数型項目は範囲を指定することができます。開始と終了を、それぞれ接尾語 "1jshparam", "2jshparam" を付与することで区別します。
  • コンディションモデル名と項目名の間は "$002f" で区切ります。これは '/' 文字を utf-8 でエンコードした表現となっています。

例:日本語文字を含む検索条件を付与する

遷移先を showListStaff.do とします。また、検索条件部を次のようにします。

?action_Search_Condition=Search_Condition&staff_cp$002fname=鈴木 一郎

まずパラメータのマルチバイト文字列「鈴木 一郎」のみをURLエンコードします。文字エンコーディングは utf-8 としてください。

?action_Search_Condition=Search_Condition&staff_cp$002fname=%E9%88%B4%E6%9C%A8%20%E4%B8%80%E9%83%8E

次に「画面URL」と「パラメータ」を連結します。

showListStaffSub.do?action_Search_Condition=Search_Condition&staff_cp$002fname=%E9%88%B4%E6%9C%A8%20%E4%B8%80%E9%83%8E

このようにして作成された文字列をパラメータ値として指定します。

http://localhost:8921/wagby/showListStaffSub.do?action_Search_Condition=Search_Condition&staff_cp$002fname=%E9%88%B4%E6%9C%A8%20%E4%B8%80%E9%83%8E
パラメータ値のうち「=」「$」「?」「.」はURLエンコードしなくても動作します。つまりURLエンコードが必要な文字は「&」「%」及びマルチバイト文字となります。

まとめますと、日本語文字(マルチバイト文字)は、URLエンコードした値に置換してください。

スマートフォンからの操作

本動作はスマートフォンには対応していません。ログオン認証後、指定画面へリダイレクトされず、メニュー画面が表示されます。

仕様・制約

  • 「環境 > カスタマイズ > 詳細」の "セッションタイムアウト後の最ログオン時にメニュー画面を表示する" を有効にした場合、ログオン後は必ずメニュー画面が表示されます。