Wagby のインストール (Windows インストーラ形式)最終更新日: 2020年12月2日

1. 開発機の用意

Wagby を動作させるための開発機をご用意ください。必要となる開発機の仕様は開発環境と運用環境をご覧下さい。

2. Javaのインストール

Wagby をインストールする前に、Java をインストールしておいてください。 Java の入手とインストール方法をまとめています。

注意

Java は 64bit 版をご利用ください。32bit 版では動作しません。

3. ダウンロード

ダウンロードページから Wagby を入手してください。これは実行ファイル形式になっています。このファイルをデスクトップに保存します。

ダウンロードしたファイル (バージョン番号は読み替えてください)

4. インストーラの実行

図1のアイコンをダブルクリックして実行します。

最初にライセンス契約書が表示されます。内容に同意できた場合、「同意する」ボタンを押してインストール作業を進めます。

ライセンス契約書の確認

インストールフォルダを選択します。
Windows OS では、C:\Program Filesフォルダではなく各ユーザ毎のフォルダに展開してください。
標準ではデスクトップ直下にインストールされます。

重要

  1. インストール先のフォルダに「日本語名」が含まれている場合、うまく動作しないことがあります。
    例:C:\Users\山田 太郎\Desktop
    この場合は日本語名が含まれないフォルダを再指定するようにしてください。
  2. インストール先のフォルダに空白が含まれている場合、うまく動作しないことがあります。
    例:C:\Program Files

インストールフォルダの選択

図3で「インストール」ボタンを押します。インストールが開始されます。

ファイルのコピー
インストール完了

インストール完了後、デスクトップに Wagby Designer 起動と終了のアイコンが用意されます。

WagbyDesigner起動・終了アイコン
インストール後に図6のようなアイコンが作成されなかった場合、手動で作成することができます。「ショートカットアイコンの作成方法」をお読みください。

5. インストール完了

解凍が終わるとインストールは完了します。図7にインストール直後のフォルダ構成を示します。

インストール完了後のフォルダ構成

6. ウィルス対策ソフトへの除外指定

何らかのウィルス対策ソフトをお使いの場合、設定で「除外するファイル(フォルダ)」として、Wagbyをインストールしたフォルダを指定してください。この対応によって Wagby のビルド動作が安定します。

7. (購入者向け)ライセンスキーの登録

ここまでの手順で、インストールした開発キットは「トライアルキット」のライセンスとして動作します。

正規ライセンスご購入者

開発キットのライセンスキー登録を行ってください。

評価用ライセンスキーへの変更

ダウンロードしたWagbyは、ビルドできるアプリケーションの規模が「50項目」までに制限されています。 この制限が緩和されたライセンスキー(評価用ライセンスキー)を無料で入手することができます。いずれかのWagby販売パートナーへ "評価用ライセンスキー希望" とお伝えください。

入手したライセンスキーをインストールしたWagbyフォルダの直下に上書き保存します。

評価用ライセンスキーを保存する

動作確認

はじめての方

Wagbyの動作を確認してみましょう。はじめてインストールした方は「チュートリアル」ヘお進み下さい。

バージョンアップされる方

移行ガイドをお読みください。

異なるバージョンのWagbyをインストールする

Wagbyの配布ファイル(zip圧縮形式ファイル)は、"Wagby-8.x.x" というバージョン番号が付与されています。 そのため、複数の異なるバージョンのWagbyを、同じ開発機にインストールすることができます。 フォルダが異なるため、競合はしません。

アンインストール

Wagbyのアンインストールは、図7のフォルダ一式を削除することで完了します。

WagbyはWindows OSのレジストリへの書き込みは行っていません。

トラブルシューティング

デスクトップにショートカットアイコンが作成されなかった場合は、手動で用意することができます。 ショートカットアイコンの作成方法をお読みください。

その他のトラブルについては、「よくある質問と回答 > インストール」をお読み下さい。