自動生成されるコードやリポジトリの技術情報をまとめました。

(1) DDL
自動生成される DDL についての情報です。
(2) SQL文における識別子の区切り文字
Wagbyが発行するSQL 文では列名およびテーブル名を囲むための区切り文字(quoteid)を利用しています。
(3) 予約語と利用できる文字
ここに示す単語は予約語であるため、項目名として用いることはできません。また、利用できる文字にも制限があります。
(4) システムモデルとユーザモデル
システムタブに含まれているモデルの詳細を説明します。
(5) 複合キーの内部的な表現
Wagbyで複合キーを指定したときの内部処理を説明します。
(6) ロック処理の詳細
Wagbyのロック処理の詳細を説明します。
(7) 項目の型とデータベースの関係
Wagbyの項目の型と、データベースの型の関係を説明します。
(8) 郵便番号辞書を手動で用意する
Wagbyに同梱している郵便番号辞書を手動でバージョンアップする方法を説明します。この方法は日本国内限定です。
(9) 住所正規化コンバータ(R6)との連携方法
Wagbyと住所正規化コンバータ(R6)サーバモジュールの連携方法を説明します。住所正規化コンバータは別製品であるため、Wagby販売パートナーからお求めください。
(10) ファイル型の詳細
ファイル型は内部で「ファイル名」と「物理ファイルの格納先」という二つの情報を管理しています。
(11) 一意制約の詳細
一意制約は利用するデータベースによって挙動が異なる場合があります。
(12) 入力フィルタの詳細
標準のフィルタルールをカスタマイズすることができます。
(13) 全文検索のインデックス
全文検索およびサジェスト機能利用時は、専用のインデックスファイルが生成されます。
(14) 組織図の表示
組織図に表示できるグループ数の上限は標準で200個となっています。これを変更する方法を説明します。
(15) 選択肢の無効化マーク
モデル参照で、無効設定された項目を参照していた場合は、表示時に「 (-)」が付与されます。この無効化マークを変更する方法を説明します。
(16) 外部システムから直接、Wagby の任意の画面を開く
外部システムから直接、Wagby 上の画面を開くことができます。
(17) JSPおよびエラー画面のカスタマイズ
標準で同梱されている、または Wagby が生成した JSP ファイルの修正は、常に上書き保存になります。
(18) ビルド時のメモリサイズの指定
大規模アプリケーション開発では、WagbyDesigner に割り当てるメモリの上限を高くすることを推奨します。