別項目の値をコピーする

最終更新日: 2022年2月17日
R8 | R9

伝票モデルの「購入」欄に値を入力すると、入力内容が「請求先」欄に自動的に転記される例を示します。

  1. 「会社名」を入力します。
    購入欄の会社名を入力する
  2. 入力後、カーソルを次の入力欄に移動すると会社名が転記されます。
    カーソル移動により、会社名が転記された

定義方法

コピー先の項目側で、「入力制御>共通>別項目の値をコピーする」に、コピー元の項目を設定します。

会社名のコピー設定

入力済みの場合はコピーしない

「入力済みの場合はコピーしない」を有効にすると、すでに値が入力されている場合は、このコピー処理を行いません。

入力済みの場合はコピーしない設定

検索条件 - 範囲検索

数値型や日付型で範囲検索を有効としている場合、2つの設定欄が用意されます。上限と下限をそれぞれ指定できます。

範囲検索が有効の場合、2つの設定欄が用意される(上限および下限)

仕様・制約

  • 本機能はコピー元の値が変更されたタイミングで動作します。(コピー先の入力値の有無にかかわらず、コピー元の値を変更せずにカーソルを外しても値はコピーされません。)
  • 文字列型および数字型で利用できます。
  • 日付/時刻/日付時刻型でも利用できます。
  • 1つの項目を、同時に複数の項目にコピーすることができます。
  • コピー元とコピー先は項目の型が同じである必要があります。
  • 繰り返しコンテナ内の項目同士はコピーできます。コピー先側の指定では「(コピー元の)繰り返しコンテナ名/項目名」と記述します。
  • コピー元が通常の項目で、コピー先が「繰り返し項目」または「繰り返しコンテナ内の項目」という指定を行うことはできません。
  • コピー元が「繰り返し項目」または「繰り返しコンテナ内の項目」で、コピー先が通常の項目という指定を行うことはできません。
  • コピー先に、ウィザードで別の画面にある項目を指定することはできません。
  • コピー元およびコピー先に読み取り専用項目(参照連動項目や自動計算項目など)を指定することはできません。
  • 本機能はスマートフォンには対応していません。