(1) 顧客管理アプリ 使い勝手の向上最終更新日: 2021年2月5日

必須項目の指定

顧客モデルの「顧客名称」の情報が欠けてしまうと、顧客情報として不十分です。
そのため登録時に顧客名称を必ず入力してもらうよう、必須項目に設定します。

  1. 顧客モデルの編集画面を開き、「顧客名称」の「詳細」ボタンをクリックします。
    顧客モデルの編集画面
  2. ウインドウの「入力チェック」タブをクリックし、「必須」欄のセレクトボックスで「」を選択します。
    必須チェックを有効にする
    これで、顧客名称が必須項目に設定できました。

自動計算式の指定

営業日報モデルで、その日の訪問回数がすぐに分かるよう、 Wagby EEの自動計算式を用いて訪問履歴データの数を表示させます。
自動計算式は、Excelでいう「関数」のようなものです。

  1. 営業日報モデルに「訪問回数」項目を追加します。
    「担当者」と「訪問履歴」の間に項目の挿入を行い、図3に示す「訪問回数」項目を設定します。
    (項目の挿入は、「訪問履歴」にチェックを入れた状態でギアアイコンの「新規」をクリックします。)
    項目名項目ID
    訪問回数visitcount数値
    訪問回数項目の定義
  2. 訪問回数の「詳細」ボタンをクリックし、詳細ウインドウを開きます。
    「詳細」タブ内の自動計算に以下の式をセットします。
    COUNT(${visit})
    自動計算の設定

    ワンポイント

    補足:式の書式について
    式の計算対象となるモデル項目は ${ } で囲みます。
    COUNT()」は Wagby EEの関数で、()内で指定したモデル項目の総数をカウントします。
    なお、式にエラーがあった場合は図5のように警告が表示されます。
    これは閉じ括弧が不足していた場合のエラーです。

    計算式の設定(エラー時)

初期値の指定

サポートモデルの「日付」項目の初期値が、今日の日付になるように設定します。

  1. サポートモデルの「日付」項目の詳細ウインドウを開き、「初期値」タブの「登録画面表示時」欄に以下の式を入力します。
    TODAY()
    TODAY()はWagby EEが提供する関数で、今日の日付を返します。
    登録画面表示時の式

入力項目の種類の指定

サポートモデルの「内容」項目の入力方式を通常のテキスト入力欄から「テキストエリア」に変更します。
これにより、改行を含む複数行の入力が可能になります。

  1. サポートモデルの「内容」項目の詳細を開きます。
    「入力制御」タブの「入力項目の種類」を「テキストエリア」に設定します。
    入力項目の種類を選択する
  2. ウインドウを下にスクロールすると、「テキストエリア」欄があります。
    ここで行数と1行あたりの文字数を指定できます。
    行数と文字数の設定

ビルドと実行

アプリケーションをビルドし、動作確認を行います。
動作確認が完了したら、最後にデータをバックアップします。

ビルドとアプリケーションの起動

  1. アプリケーションをビルドし、ログオンします。
    ビルドとログオンの方法についてはビルド~アプリケーションの起動を参照してください。
  2. ログオン出来たら、前回のチュートリアルでバックアップしたデータを復元します。
    復元方法についてはビルドとデータの復元を参照してください。

(1) 必須項目の確認

  1. 顧客モデルの新規登録画面を開きます。
    顧客登録画面
    「顧客名称」のテキストと入力エリアが赤色に変わっています。赤色は必須項目であることを示しています。
  2. この項目を未入力のまま他のエリアへの入力を行おうとすると、入力チェックによりエラーメッセージが表示されます。
    未入力エラーの表示

(2) 計算式の確認

  1. 営業日報モデルの新規登録画面にアクセスします。
    訪問回数がセットされていることが確認できます。
    訪問回数の表示
  2. 訪問履歴の「追加」ボタンをクリックすると、訪問回数が再計算され、「2」に変わります。
    訪問回数の再計算
    計算式が適用された項目は読み取り専用となり、入力はできません。

(3) 日付項目の初期値確認

サポートモデルの新規登録画面を開きます。
日付項目に、初期値として本日の日付がセットされていることがわかります。

日付項目の初期値

(4) テキストエリアの確認

  1. サポートモデルの新規登録画面にアクセスし、データを1件登録します。
    入力欄を見ると、内容項目にテキストエリアが適用されたことがわかります。
    サポート登録画面
  2. 登録後も、改行が反映された状態でデータが表示されます。
    サポート詳細画面

WagbyDesignerのその他の機能

次章より、これまでは触れなかった WagbyDesigner の詳細機能を説明します。

トラブルシューティング

「よくある質問と回答 > チュートリアル」をお読み下さい。