チェックボックス

最終更新日: 2022年6月17日

例と設定方法

2つのモデル「身体データ」「オプション検診」を例に説明します。
身体データモデルはオプション検診モデルのデータを参照しています。
身体データの登録画面は、オプション検診モデルに登録されたオプション検診名情報をチェックボックス形式で表示し、そのうちの1つ~複数選択する入力仕様です。

モデル「身体データ」と「オプション検診」の関係

設定方法

  1. WagbyDesignerで身体データモデルの「オプション検診」項目の型を「他モデルの項目参照」に設定します。
    モデル設定
  2. 「他モデルの項目参照」を選択すると、詳細設定のダイアログが開きます。
    ここで、オプション検診モデルのオプション検診名項目を参照するよう設定します。
    入力タイプは「チェックボックス」を選択します。
    これで、設定は完了です。
    詳細設定

折り返し数の設定

動作例

登録・更新画面でチェックボックスの折り返し数を指定することができます。標準の折り返し数は "4" です。

折り返し数4のとき

折り返し数を "8" に変更した例を示します。

折り返し数を8に変更した

設定方法

モデル設定詳細ダイアログで「入力制御>モデル参照>チェックボックス・ラジオボタンの折り返し数」を指定します。

折り返し数の変更

適用できるUI

標準UI スマートフォンUI SPA UI
○ (表示幅による) - (固定)

スマートフォンUIの場合

指定したラジオボタンの折り返し数を表現できる表示幅がある場合に有効です。以下の例では、画面の向きを横にした場合に有効になったことがわかります。(画面の向きが縦の場合は、表示幅に合わされます。)

スマートフォンUIの表示(1)
スマートフォンUIの表示(2)

チェックボックス選択時の画像を表示しない

詳細表示画面では、選択したデータの横にチェックマークが表示されます。

チェックマークが表示される

このチェック画像を非表示にすることもできます。

チェックマークを非表示に設定

定義方法

モデル項目詳細定義の「出力制御 > 詳細画面」タブ内の「モデル参照 > チェックボックス選択時の画像を表示しない」にチェックを入れます。
(標準ではチェックがはずれています。)

チェックボックス選択時の画像を表示しない設定

注意

ここでは詳細画面の設定方法を説明しています。一覧画面に適用する場合は「一覧表示画面への適用」をご覧ください。

仕様・制約

  • 上記の設定は詳細画面のみ有効です。一覧画面用の設定は別途必要です。(「出力制御 > 一覧画面」タブより行えます)
  • 参照連動項目の参照先がチェックボックス型の場合、参照先のチェックボックスの「チェックボックス選択時の画像を表示しない」設定が詳細画面/一覧画面に反映されます。登録・更新画面には反映されません。

一覧表示画面への適用

上記で説明した「折り返し数」の設定を一覧表示画面にも設定することができます。 下の図は、折り返し数を「1」に、チェックマークを「非表示」と設定した場合の表示です。

一覧画面

定義方法

モデル項目詳細定義ダイアログの「出力制御」タブをクリックして開きます。
続いて、「一覧画面」タブをクリックします。
「モデル参照欄」の「チェックボックスの選択された画像を表示しない」「1行に表示するチェックボックス・ラジオボタンの表示数」をそれぞれ設定します。

一覧画面の設定

選択していない項目も表示する

データの詳細画面では、下図のように選択した項目のみが表示されます。これがデフォルト動作です。

詳細画面での表示

設定によって、下図のように選択されていない項目も表示することができます。

選択されなかった項目も表示する

定義方法

モデル項目の型詳細設定ダイアログを開きます。(型選択欄の横のボタンをクリック)
「オプション」をクリックして開きます。
「選択されなかった項目名を表示する」設定にチェックを入れると、選択したもの以外の表示設定が有効になります。

モデル項目の型詳細設定ダイアログ

ワンポイント

この設定は一覧画面にも反映されます。

仕様・制約

  • 他モデルの参照項目の参照先が、他モデルの参照項目となっている設定は動作しません。

    例えば次のようなケースについて、

    他モデルの参照(チェックボックス) > 他モデルの参照(リストボックス) > 通常項目
    他モデルの参照項目の参照先に、他モデルの参照項目を指定することはできません。

    ※ Wagbyでは、モデル参照は「ID部」を管理しています。そのため上の設定だと、チェックボックスに表示される選択肢に、リストボックスのID部が表示されてしまいます。これは利用者の意図とは異なる動作です。
    ※ 上記の例ではチェックボックス > リストボックスの組み合わせでしたが、リストボックスのみならずラジオボタン、チェックボックス、検索画面いずれの組み合わせも同様に、動作しません。