参照先のトレース最終更新日: 2021年10月18日

例と定義方法

「社員」モデルと、その子モデル「社員保持資格」モデルを用意します。「社員保持資格」は、「資格」モデルを参照しています。

社員(親)と、社員保持資格(子)モデル

本機能を有効にしたとき、資格モデルの詳細画面に、自分を参照している社員保持資格モデルの表示欄(参照先トレースリンク)が用意されます。"[+]" 部をクリックすると、一覧表示形式で展開されます。

参照先トレースリンク

詳細ボタンを押下すると、この資格を参照している社員保持資格へ遷移することができます。

このデータを参照している社員保持資格

設定方法

「他モデルの項目参照」を設定した項目定義で、モデル項目の型詳細設定ダイアログを開きます。「入力制御>モデル参照>参照先トレースリンクを表示する」を有効にします。(この設定は標準で無効になっています。)

社員保持資格モデルの構成
参照先トレースリンク表示の設定

仕様・制約

  • 参照元モデルに関する一覧表示の内容は、そのモデルの一覧表示設定に準拠します。ただし、参照キー項目は(冗長となるため)表示されません。
  • 参照元モデルが存在しない(0 件)のときは、リンクをクリックしても表示されません。
  • 複数の項目が同じモデルを参照していた場合、それぞれに「参照先トレースリンクを表示する」を設定することはできません。あるモデルに対する参照先トレースリンクの設定は、常に一つとしてください。
※ 上の例で「社員保持資格」モデルに「資格1」「資格2」という項目があり、それぞれ同じ「資格」モデルを参照しているとき、参照先トレースリンクの設定は「資格1」または「資格2」のいずれかとしてください。