選択肢の絞り込み最終更新日: 2021年7月29日

利用できる型とUI

選択肢の絞り込みが利用できるパターンは次の通りです。

属性 標準UI スマートフォンUI SPA UI
文字列 -
郵便番号
メールアドレス
URL
ファイル名
テキストエリア
数値 整数
小数
日付・時刻 日付
時刻
日付時刻
他モデルの項目参照 リストボックス
ラジオボタン
チェックボックス
検索画面
ルックアップ

動作例

「当社担当部署」を指定すると「当社担当者」の選択肢が変わる例です。リストボックス-リストボックスの組み合わせで説明します。

設定イメージ

図2は担当部署を選択していない状態です。このとき、担当者はいずれも選択できません。

担当部署を決定しないと担当者の選択肢も表示されない

担当部署を総務部とすると、総務部に所属する担当者が選択肢として表示されます。

担当部署に総務部を選択する

同じく担当部署を営業部とすると、営業部に所属する担当者が選択肢として表示されます。

担当部署に営業部を選択する

設定方法

モデルは「スタッフ」「部署」「顧客」を用意しています。

用意したモデル

「部署」モデルは主キー「部署ID」と、「部署名」を用意します。

部署モデルの定義

「スタッフ」モデルは「部署」モデルを参照します。

スタッフモデルの定義
スタッフモデルの部署項目の定義

「顧客」モデルは「当社担当部署」として部署モデルを、「当社担当者」としてスタッフモデルをそれぞれ参照します。

顧客モデルの定義
顧客モデルの部署項目の定義
顧客モデルのスタッフ項目の定義

ここで絞り込みの設定を行います。「当社担当者」項目の詳細ダイアログから「入力制御>モデル参照(絞込)」を設定します。

モデル参照(絞込)の設定
項目名
自モデル(ここでは顧客モデル)内の、どの項目が絞込の元かを指定します。
絞込条件
一致していたものを選択するため "等しい" を指定します。
参照先項目名
「当社担当者」項目はスタッフモデルを参照しています。スタッフモデル側の部署項目である "部署" を指定します。
未入力のときの動作
図1にあるように、絞込元が未選択のときは選択肢を用意しないため、"選択肢を作らない" を指定します。

複数の条件で絞込む

複数の絞り込み条件を指定することができます。条件はすべて AND (「かつ」)で絞り込みが行われます。

設定イメージ

図17に示す絞り込みの例を説明します。絞り込み条件を二つ用意します。

設定イメージ

選択肢モデル「職種」が次のように用意されているとします。"一般" という職種のIDは "40" です。

職種の情報

絞込条件に「職種が一般のみ」という条件を追加しました。図4に比較すると選択肢が減っています。

営業部かつ一般職種のみが選択肢として用意される

設定方法

スタッフモデルに「職種」項目を追加しています。

職種項目を追加する

顧客モデルの当社担当者項目の絞込条件を追加します。 職種のID値が"40" (=一般職) という条件を加えています。

職種の条件を加える

IS NULL/IS NOT NULLで絞り込む

絞り込みの設定で IS NULL/IS NOT NULL 検索を行う場合、次のようにします。

検索方法固定値絞り込み条件
IS NULL null 等しい
IS NOT NULL null 等しくない

絞り込み設定を検索画面にも適用する

「入力制御 > モデル参照(絞込) > 検索画面でも絞込みを行う」を有効にします。

検索画面でも絞込みを行う

仕様・制約

  • 参照先モデルの当該絞り込み項目はデータベースに保存されている必要があります。
  • SPA UI では動作しません。

トラブルシューティング

絞り込みが適切に行われない場合、次の点をご確認ください。

  • 複数の絞り込み条件を指定している場合、その中の一つでも値が "null" となっていた場合、絞り込みが行えません。絞り込み条件に用いる値が適切かどうかを確認してください。
  • 絞り込み条件に用いる項目が「ルックアップ」や「計算式」によって求められる場合、当該絞り込み処理の前にこれらの値が確定している必要があります。未確定の場合は "null" となるため、絞り込みが行えません。設計情報の項目の記載順序を工夫し、ルックアップの連動元項目を、絞込を定義している項目よりも前に定義しておくことで問題を回避できる場合があります。
  • 一覧表示画面および一覧更新画面に絞込設定したモデル参照項目を含める場合、絞り込み項目も一覧表示に含めるようにしてください。