ルックアップ最終更新日: 2021年7月28日

動作例

「顧客モデル」と「サポートモデル」を例に説明します。サポートモデルで「顧客名」を参照すると、それに関連する最新の「顧客会社名」が同時に表示されます。これをルックアップと呼びます。ルックアップより常に関連する最新のデータを表示することができます。

関連項目を自動的に表示する

標準UI

図2にルックアップを設定したサポートモデルの新規登録画面を紹介します。
「検索画面を開く」ボタンから、顧客名を確定させます。(この詳細は「他モデルの参照>検索画面」をお読みください。

サポート新規登録画面

顧客を選択します。

顧客を選択する。

顧客を確定させると顧客会社名が自動設定されます。顧客会社名はルックアップ型として設定しています。

顧客を確定させると顧客会社名が自動設定される(ルックアップ)

詳細表示画面では自動的にルックアップが適用されます。

詳細表示画面でルックアップが適用される

一覧表示項目にもルックアップを適用できます。

一覧表示項目にルックアップを適用する

複数の項目を一度にルックアップする

一つの連動元項目(この例では「顧客名」項目)から紐づく、複数の項目をルックアップさせることができます。

複数項目をルックアップする

参照元項目の変更はリアルタイムで反映される

登録・更新画面では、連動元項目を変更すると、リアルタイムでルックアップされる内容も書き換わります。

ルックアップ項目はリアルタイムで書き換わる

SPA UI

「検索画面を開く」ボタンから、顧客名を確定させます。(この詳細は「他モデルの参照>検索画面」をお読みください。

サポート新規登録画面

顧客を選択します。

顧客を選択する。

顧客を確定させると顧客会社名が自動設定されます。顧客会社名はルックアップ型として設定しています。

顧客を確定させると顧客会社名が自動設定される(ルックアップ)

詳細表示画面では自動的にルックアップが適用されます。

詳細表示画面でルックアップが適用される

一覧表示項目にもルックアップを適用できます。

一覧表示項目にルックアップを適用する

複数の項目を一度にルックアップする

一つの連動元項目(この例では「顧客名」項目)から紐づく、複数の項目をルックアップさせることができます。

複数項目をルックアップする

参照元項目の変更はリアルタイムで反映される

登録・更新画面では、連動元項目を変更すると、リアルタイムでルックアップされる内容も書き換わります。

ルックアップ項目はリアルタイムで書き換わる

設定方法

連動元の設定

サポートモデルの「顧客名」項目を連動元とします。連動元は「他モデルの項目参照 - 検索画面」としてください。

サポートモデルの顧客名

「顧客名」の参照先は顧客モデルです。

参照先モデルを指定する

入力タイプを「検索画面」とします。参照先モデル項目を「顧客名称」とします。

入力タイプ、参照先モデル項目の指定

ルックアップ項目の設定

「顧客会社名」項目を用意します。型は「他モデルの項目参照」です。参照先モデルは、連動元項目と同じ「顧客」とします。

顧客会社名を用意する

ワンポイント

参照先モデルは、連動元項目と同じである必要があります。

入力タイプを「ルックアップ」とします。

入力タイプを「ルックアップ」とする

連動する項目名「顧客名」が決まると、参照先モデル項目名「会社名称」が定まる、とします。

連動する項目名を指定する

項目一覧の設定では、マウスをあてると設定内容が表示されます。

ルックアップ設定の確認

このように複数の項目をルックアップとして設定することができます。

複数の項目をルックアップする

ワンポイント

このようにモデルには「データベースに保持される情報」だけでなく「画面に表示される情報」も含めることができます。

ルックアップ項目で検索する

ルックアップ項目を検索条件とすることができます。ここでは顧客会社名で検索した例を示します。

標準UI

ルックアップ項目で検索する(標準UI)

SPA UI

ルックアップ項目で検索(フィルタ)する

ワンポイント

「顧客会社名」はデータベースに保存しない項目となっています。この場合でも検索できます。

※ 「顧客会社名」をデータベースに保存することもできます。この場合、参照元の顧客会社名が更新された(書きかわった)場合でも、旧名で検索します。

仕様

設計上の留意点

  • 参照元項目(上記例ではサポートモデルの顧客名)が "DB保存なし" の場合、ルックアップは機能しません。
  • ルックアップ型項目に、次の設定を行うことはできません。
    • データ指定項目(上記例ではサポートモデルの顧客名)に下記以外を指定すること。
      • 項目の型が「参照先モデルの項目参照(検索画面)」

データベースとの関係

ルックアップ項目はデータベースに保存されません。

ルックアップを設定すると、データベース保存設定は自動的に解除されます。表示のタイミングで、データベースから最新の値を取得します。

※ データベース保存設定を有効にすることもできます。この場合は「自モデル」に(ルックアップされた値が)保存されます。

自動的に読み込み専用になる

ルックアップ項目は自動的に「読み込み専用」となります。

ルックアップの数珠つなぎ

リストボックスの参照先がリストボックスというのは動作しませんが、ルックアップは例外です。次の設定は動作します。

他モデルの参照(リストボックス) > ルックアップ > 通常項目
※ リストボックス以外にも、ラジオボタン、チェックボックス、検索画面いずれも動作します。
※ ルックアップの参照先がルックアップのケースでも動作します。例) 他モデルの参照(リストボックス) > ルックアップ > ルックアップ > ルックアップ > 通常項目 ルックアップは何回繰り返しても動作するようになっています。

検索時の動作

ルックアップが数珠つなぎになっている場合でも、検索することができます。例を示します。

ルックアップ > ルックアップ > ルックアップ > 文字列型項目
ルックアップ > ルックアップ > モデル参照(検索画面)