サポート > リポジトリ > レイアウト > 一覧表示 - 多段レイアウト

一覧表示の各項目を複数行にまたがって表示することができます。

図1は、一覧表示項目を二段で表示した例です。

図1 多段レイアウトを用いた例

レイアウトの定義

「レイアウト>一覧」を開きます。左側の「一覧表示設定」で「行数」を指定します。ここでは"2"とします。

図2 行数の指定 (1)

「変更」ボタンを押下すると、段組が用意されます。

図3 行数の指定 (2)

ドラッグ&ドロップ操作で、項目を段組の内部へ配置することができます。

図4 段組レイアウトの設定
ご注意ください:図4の状態で、行数を"1"または空白とすると、2行目が不可視となり、2行目のレイアウト変更が行えなくなります。行数を減らす場合は、いったん項目を減らした状態にしたあと、行数を変更するようにしてください。

スクリーンエディタの編集を保存する

左側の設定欄の上部にある「レイアウト設定保存」ボタンを押下し、編集内容を保存します。この操作により、リポジトリに反映されます。

図5 設定情報を保存する

リポジトリの確認

ここまでの設定が、どのようにリポジトリに反映されたかを確認します。「リポジトリ」タブを開きます。「ラベル名」に "L1" と "L2" が指定されています。これがそれぞれ1段目、2段目を意味します。

図6 リポジトリの確認

ラベル "L1" と "L2" は図7のように解釈してください。

図7 段組ラベルの解釈方法

三段目を用意した例を図8に示します。ここで追加した「備考」欄は3つの列をまとめています。

図8 三段目を用意した例

レイアウトの定義

「レイアウト>一覧」を開きます。左側の「一覧表示設定」で「行数」を "3" に変更します。「備考」を3段目に配置します。

図9 行数を3とし、備考項目を配置する

「備考」をマウスで選択し、列を "3" とします。

図10 セル列を設定する (1)
図11 セル列を設定する (2)

スクリーンエディタの編集を保存する

左側の設定欄の上部にある「レイアウト設定保存」ボタンを押下し、編集内容を保存します。この操作により、リポジトリに反映されます。

図12 レイアウト設定を保存する

リポジトリの確認

ここまでの設定が、どのようにリポジトリに反映されたかを確認します。「セル結合(列)」に "3" が設定されています。

「セル結合(列)」は、結合を適用する項目に数値を指定します。図13の設定では、自分自身 (L3に配置) の 1つ上の段である L2 の、3つのセル(列)をまとめた位置に配置される、という意味になります。

図13 リポジトリの確認

セル結合(行)は、自分自身を次の行と連結させるための指定です。

図14 セル結合(行)を指定した例

レイアウト設計

行数を2とし、二行目に「電話番号」「メールアドレス」項目を配置した例を図15に示します。

図15 二行で表示する例

「顧客氏名」と「顧客カナ」項目について、セル結合(行)を "2" と設定します。

図16 顧客氏名項目へのセル結合(行)の設定
図17 顧客カナ項目へのセル結合(行)の設定

設定後、「レイアウト設定保存」ボタンを押下して保存します。

リポジトリの確認

ここまでの設定が、どのようにリポジトリに反映されたかを確認します。「セル結合(行)」に "2" が設定されています。

「セル結合(行)」は、結合を適用する項目に数値を指定します。図18の設定では、自分自身は L1 と L2 の二行にまたがった位置に配置される、という意味になります。

図18 リポジトリの確認

一覧表示(集計)利用時の制約

一覧表示(集計)と併用する場合、集計対象の項目は上段に配置してください。上の例では、L1 と指定した行、となります。

一覧更新機能を有効にした場合、多段レイアウト設定も適用されます。

図19 一覧更新画面での多段レイアウト